フォト
無料ブログはココログ

ショッピング

  • 金魚飼育 関係 ショッピング

  • なかのひと

« 住宅購入 その5 リフォーム開始 | トップページ | 住宅購入 その7 補強 »

2010年3月28日 (日)

住宅購入 その6 傾きが・・・

リフォームの工事が開始された。

まずは、前の持ち主の家財の運び出しから。
何しろ、前の持ち主が引っ越しもせず、そのままの状態だったので、ものすごい量だった。
もったいないと思い、いくらか、使えるものは分けてもらったが、それでも、トラック2台分の家財道具が廃棄物になってしまった。

次は、リフォームをする箇所の解体を。
とにかく、壊して、壊して、壊しまくる!!
床もはがし、壁もはがし、作りつけの棚もみんなはずしていく。
バスもトイレもみんな壊して運び出す!!

そんなときに、不動産屋さんから電話が・・・。

不動産屋:
「あの・・・実は、大工さんから、床が傾いているとお話があったのですが・・・」

私:
「えっ? 傾いているって? どのくらいですか?」

不動産屋:
「部屋の端と端で、約5cm程度らしいですが。」

私:
「とりあえず、見に行きます。」

ということで、実際に見に行った。
大工さんから、説明を聞きつつ、実際に見てみると、確かに傾いている。
傾きは、5cmである。
よくテレビで見る、不良物件や、手抜き工事などでも、ここまで傾いた例は無いのでは?と思うくらい。
自分が斜めに立っているのでは? という錯覚に陥るくらい。

これだけ傾いていても、家財道具があるときは、気にならなかった。
正確にいえば、何となく気になっていたのだが、ここまでひどいとは思わなかった。
とにかく、早く手に入れたい一心で、多少の不良個所は目をつむってしまっていたのだろう。
全部が完璧なんて、あり得ないから と。


大工さん:
「床だけでなく、全体が傾いていると思いますよ。基礎が悪いんですね。」
「40年前は、時代的に、そんなに基礎をしっかりと作りませんでしたから。」

と言って、床下を見せてくれた。
素人の私でも、お世辞にもしっかりと出来ていないことはわかった。
床下に、タイル張りの部分や、コンクリートの段など、この家の前に建っていたらしい家の痕跡があるのだ。
つまり、前の家を解体して、そのまま整地や基礎をきちんとやり直しせず、そのまま上に今の家を建てたらしい。

どうしようか・・・と思案に暮れていると、大工さんから提案が。

大工さん:
「きっちりやり直すと、新築と同じくらい大変です。」
「でも、とりあえず、床の傾きだけなら、わずかな金額で直せますよ。」

私:
「どうやって?」

大工さん:
「とりあえず、床板を乗せる梁を水平に張り直します。まあ、つじつま合わせ的に、くさびを打ったりしての対応になりますけど。いつまでも、水平のままとは限りませんけど、やらないよりは良いでしょう。」

私:
「他に手段は無いですよね。 それじゃ、お願いします。」

といった感じで、大工さんの提案を採用した。

非常にショックであったが、大工さんに任せるしか手段は無い。
出来上がりまで、(正確には今でも)、非常に不安を抱えることになってしまった。

続く。


« 住宅購入 その5 リフォーム開始 | トップページ | 住宅購入 その7 補強 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17116/33971852

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅購入 その6 傾きが・・・:

« 住宅購入 その5 リフォーム開始 | トップページ | 住宅購入 その7 補強 »