フォト
無料ブログはココログ

ショッピング

  • 金魚飼育 関係 ショッピング

  • なかのひと

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月30日 (日)

レゾネータの除去 その4 ラムエア

スイフトスポーツのレゾネータの除去の続きの話。

今までは、レゾネータを取り外し、純正の空気取り入れ口とエアクリーナBOXを、アルミの蛇腹パイプで接続していた。
これは、これで、結構よかった。
低速は若干細った気がするが、元々ハイギヤードなスイスポなので、問題ない。
吸気音もそれほど気にならない。
燃費も、ノーマルとほとんど変わらないか、良いくらい。

でも、何か物足りない。

やはり、ここは、ラムエア仕様だ!!

と、次なる改造に踏み切った。

といっても、たいした事はしていない。
今までのアルミパイプの引き回しをかえて、フロントグリルから直接、空気を取り入れるようにしたのだ。

まずは、ホーンを外して、エンジンルーム内の適当な位置に移設。
スイスポのフロントグリルの中で、唯一、ラジエタなどと干渉しない、一等地にホーンがついているのだ。ここを使わない手は無い。

次に、アルミパイプを、”グニっっ”と曲げて、今までホーンのあった位置に引き回す。
カムカバーとフロントグリルの間は結構狭くて、うまく引き回せない。
ちょっと、つぶし気味にして、無理矢理押し込む。
すると、こんな感じで入る。

Air_2
 
 
 
 
 
その後、つぶした所を割り箸などで、内側から押し広げる。
フロントグリルからは、中々アプローチしにくく、きれいには広がらない。
 
 
 
 
 
Air_1


とりあえず、フロントグリルから、ダクトが見える。

この状態で、何も固定しなくても、押し込むくらいに狭いので、ガタはない。
それに、ボンネットで押さえつけるので、振動しても問題ない。

さて、この仕様で走ってみた。

低速側は、以前よりも太くなった気がする。
ただし、レスポンスは若干悪くなったように思える。
吸気管長が長くなったためか?
それとも気のせいか?

さあ、本題のラムエアの効果は?
高速で走ってみた。

制限速度程度では、何も感じない。
そこから踏み込んでも、今までより加速が良くなったとか、パワー感があるとか、効果は何も無い。
ダメだコリャ。

と思いながら、そこから加速。
ぬうわKmくらいで走ると、確実に今までよりは、回転数が低い。
おおむね300〜500rpmは低い回転で走れる。
また、いままでは、そこからの加速はキツかったのだが、結構いける。
ぬおわKmくらいでも、まだ加速していく。

う〜ん。
やっぱり、このくらいスピード出さないと、効果が出ないのか?
それとも、燃調をきっちりセッティングしなくちゃダメかしら?

実際に、エアクリBOX内の圧力を測定してみたいが・・・。
そうすれば、次の手が打てるのだが。

まあ、金をかけずに、こんな、インチキ臭いチューニングというのも恥ずかしい行為では、効果なんて期待する方が無理か?
まあ、遊び遊び・・・

2008年3月24日 (月)

我が家に光が!!

とうとう、我が家にも、光がきた!!
もちろん、ここでの光とは、FTTHの事。
つまり、B−FLETSをひいたのだ・・・。

我が家はアパートなので、あきらめていたのだが・・・。大家さんの好意だろうか?
建物に、光回線が引き込まれた。

無論、そこから先は個人契約。
当方は、待ちこがれていたので、早速契約した。

で、現状の配線は次の通り。

モジュラー
 → モデム+ルータ
    → 電話機
    → ルータ+無線アクセスポイント
       → 各クライアントへ

光モデムは、ルータ機能も持っている。
PPPoEの設定もできる。

最初、ここで速度を測定してみた。
およそ40Mbps出ていた。

それでは次に、光モデムを単なるモデムとして、PPPoEはブリッッジさせて、無線LANアクセスポイントで、PPPoEの設定をしてみた。
すると、アクセスポイントに有線で接続しても、一気に速度が落ち、15〜20bps程度に。
IEEE802.11gの無線LANで接続して測定しても、大差ない・・・。

こりゃ、アクセスポイント内のルータで、速度低下しているな・・・
こいつをブリッジにするしかないか?
という事で、今度は、光モデムでPPPoEの設定をして、無線LANアクセスポイントは、ブリッジにしてみた。
それでも、速度は回復しない。

なぜ?
NTTからのレンタル品の光モデムの直下でないと、速度が出ないとは・・・。

まさか・・・アクセスポイントのスループットを調べてみた。
メルコ(今はバッファローか)のWBR−G54。
最大で28Mbps・・・。
これじゃ、速度が出ないはずだ・・・。

回線を早くしたら、また、次のボトルネックが生じてしまった。
う〜ん。泥沼にはまったようだ。

2008年3月12日 (水)

Z60よ!さらば

私の愛機である、ThinkPad Z60を手放す事になった・・・。

いま、メインで使っているのは、MacBook。
しかも、BootCampで、Vistaも起動できるので、今までのWinアプリも問題ない。
なので、ThinkPadは寝ている事が多い。
私はコレクターではないので、せっかくのPCを寝かしておいても仕方ない。
それなら、きちんと使ってもらえる人に譲ろう・・・ということにした。

「IBM」のロゴが残る最後のマシンなので、本当は手放したくはないのだが・・・。
まあ、ThinkPadは、もう、リアルIBMマシンではないから良いか?
と勝手に納得している。

実は、中古でX31か、S30が欲しいな・・・・などと思っている。

しかし、Z60は良いマシンだった。
2スピンドルで、かつ、それなりに軽く、かといって、剛性も低くなく、Good。
液晶もワイドで、CADなどをするときには、実に便利。
最近のCADは、コマンドや、ツリーが横に出るので、横に広いと、作図エリアが大きく確保できるのだ。
あえて、問題点とするならば、重心が後ろ。
出張時、膝上で作業するときに、落としそうになってしまうのだ。
それと、重心が後ろなので、液晶パネルもあけにくい。

その程度しか欠点が思いつかない。
そんな良いマシンだった。

さらば、Z60!!

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »