フォト
無料ブログはココログ

ショッピング

  • 金魚飼育 関係 ショッピング

  • なかのひと

« 初めてのMAC その6 | トップページ | 初めてのMAC その8 »

2008年1月20日 (日)

初めてのMAC その7

初めてのMac その7。

普通に動かす(メールとブラウジング程度)なら問題ないが、それ以上の、深いところに入ろうとすると、なかなかハードルが高い。

で、結局、Macの入門書というか、本を購入して勉強している。
今回購入したのは、
 Mac OSX10.5 Leopard
 パワーアップガイド

MacFan 2月号
の2冊。
ちょうど、Leopardに関する解説が多く記載されていたので購入した。

まあ、実際のところ、すでにクリアした課題ばかりだったので、ちょっと肩すかしだった。
いじくる前に購入していれば、もっと早く解決できたのに・・・。
それでも、自分が知らなかった事も書いてあり、まあ、手元にあって損は無いだろう。

これらの本を読んで、気付いたのだが、Macには、AT互換機のように、拡張子が無いらしい。
(正確に言えば、あるのだが、それを気にしなくて良い?)
お恥ずかしい話だが、こんな事も知らなかった。

最近の人は、アプリを起動したあとで、ファイルを開いたり、アプリの存在すら気にしなくて、ファイルを実行して、勝手に(機械が判断した)起動したアプリで作業するらしいが・・・。
私の場合、最近の人では無いので・・・
AT互換機の使用期間が長く、しかもGUIではなく、コマンドからの使用が長かったので、いまだに、エクスプローラを開き、拡張子から、ファイルの中身を認識し、作業している。
もしくは、「コマンドを指定して実行」で、作業している。

そういう意味では、Macは、最初から万人向けということになる?

ちなみに、先に書いた書籍や、Webサイトでは、AT互換機の事を”PC”と書いてある。
つまり、MacはPCではないという事か?
でも、PC=パーソナルコンピュータであるなら、Macの方が、よりパーソナルなコンピュータだと思うのだが・・・。
AT互換機は、IBMがその基礎を作ってあり、つまり、PCというよりは、ビジネス用途向けだと思う。無論、Macでも、DTPなど、ビジネスシーンでもたくさん使われてはいるが・・・。

さて、基礎の知識を身につけながら、カスタム化していこう。

« 初めてのMAC その6 | トップページ | 初めてのMAC その8 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めてのMAC その6 | トップページ | 初めてのMAC その8 »