フォト
無料ブログはココログ

ショッピング

  • 金魚飼育 関係 ショッピング

  • なかのひと

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月28日 (日)

市民公開講座~明日の医療を考える~に行って来ました

昨日、市民公開講座 ~明日の医学・医療を考える~を聞いてきました。

この公開講座は、日本脈管学会総会併設の講座で、信大医学部、信濃毎日新聞、他が主催の講座で、様々なパネリストが公演してくれた。

信大の大橋医学部長からは、脈管学会総会自体への参加の話もあったのだが、とても理解できないので、参加は、公開講座だけにさせてもらった。

詳細は、近々に、信濃毎日新聞に特集が組まれると思うので割愛。

概要は、

・医師不足。
・しかも、特定分野で不足。
・さらに、地方で不足。
・ついでに、患者の事を真剣に考える医師も不足。

という、聞いていて、とにかくマスコミで報道される状態より、悲惨な現状だけは、良く伝わってきた。

特に気になったのが、パネリストの多くが、
最近の臨床の医師は、
・触診
・聴診
・患者の話を良く聞かない
・すぐに検査、検査、検査。
と、語ったことだ。

医師側の原因として
・一人の患者に要する時間が増える。
・結果、大勢の患者をこなせない。
・それゆえ、保険点数を稼げない。
・検査をすれば、検査料で、診療報酬を得られる。
というものだ。

また、患者側の原因として
・検査をしてくれる医者が良い医者と考えている。
・症状ではなく、単なるグチしか言わない。
・医師を信頼してくれない。
というものだ。

まあ、このような講座でパネリストをする医師は、その道ではかなり有名な方ばかりで、医師としても、教育者としても活躍されている。

その方々が、教育者としての立場で、

「私は、恩師の後姿を見て、医師になろうと思った。」
「そして、実践しているつもりだった。」
「我々が、そんな姿を後輩に見せられなかったのも原因。」

といっていたのは、単なるセールストークではなく、本音と信じたい。

また、同席していた、文科省の方、県の衛生部長など、行政の方々も、それらの言葉を受け、何らかの対策を期待したい。

現在実施している、
・特定の、診療科を目指す医師の奨学金制度
・IターンやJターン医師の定着化
などを期待したい。

まあ、健康が一番。
まずは、自己管理から。
そうすれば、医師の負担も減らせるし・・・
と言いつつ、一服ふかしている私。

ダメだ・・・。自分の言葉に説得力が無い。

2007年10月14日 (日)

Webフィルターの必要性

我家には複数台のPCがある。
さらに、ADSLで常時接続のルータにつながっているので、いつでもWeb閲覧が可能。
(余談だが、本当は光にしたい・・・でも、アパートなので、マンションプランも使えない。)

私の考え方は、

「今の子供なら、小さいうちからPCやWeb、インターネットに触れるべき」

「そして、正しい使い方を教える事」

なので、保育園に入る頃から、勝手に触らせていた。

一応、アカウントは分けて、アドミン権限は与えていない。
つまり、せいぜい、いじくっても、デスクトップの環境を変える程度しか出来ない。
それゆえ、無料ゲームなど、たびたび私が呼ばれて、リブートしてインストールしている。

今まではこれでよかったと思う。
PCを使いたい為に、ひらがなも、簡単な漢字も、ローマ字(日本語入力がローマ字なので)も覚えたし、マウスの使い方も、実家の爺よりもうまい。

しかし、先日、娘の見ているWebを見て、ちょっとひいてしまった。

フラッシュアニメを見て、裏にある陰湿な部分を理解できず、単にアニメの面白さで笑っていたのだ。

そう、最近のフラッシュアニメのサイトは、かなり過激。

”やわらか戦車”

のような、面白い、あまり害の無いフラッシュアニメもある。
しかし、

「著作権って何?」

と言うような、パクリアニメや、

「どこが面白いの? 単なる嫌がらせじゃん」

というサイトもある。

何とかしなければ。
基本的には、Webに制限はかけたくない。
有効に使えば、情報の宝庫。
疑問に思ったことをググッて、色々と調べれば、百科事典なみ。
疑問も解決し、知識も増える。

でも、使い方を間違えると、毎日ニュースで聞くような事に。
掲示板で悪口を書いていじめたり、いじめられたり。
悪質サイトが絡んで、犯罪に巻き込まれたり。

せめて、本人が、そのサイトの良し悪しがわかるような感性が身に付くまでは、あまり見せたくない。

と言う事で、フィルタリングを考えている。

IE標準のフィルタでは、そのPCユーザ全員が対象になってしまうし・・・。
”Yahoo!あんしんねっと” では、Topページがヤフーになってしまうし・・・。
(決してヤフーが嫌いではない。単にgoogleが好きなだけ)
プロバイダのフィルタサービスにいたっては、全ユーザが対象になるので論外。
バンダイのUSBキーも考えたが、キーを挿さなければ無制限・・・。

今しばらく、思案・調査して、対策を実施する予定。

2007年10月 8日 (月)

ノリックが何故??

今朝、新聞を見て驚いた。

”ノリックこと阿部典史が、交通事故で死亡”

何故? なんで? どうして?

地方紙ゆえ、詳細が載っていない。
あわててネットで調べて見た。

詳細はわからないが、どうも、Uターン中のトラックに突っ込んでしまったらしい。
乗っていたのは、500ccのスクーターらしいから、TMAXだろう。

しかし、あれほどのライダーでもよけられないって・・・。
公道は、やっぱり怖い・・・って事か・・・。

ノリックも、公道で、しかもスクーターじゃ、悔しいだろう・・・。

あの、バレンティーノ・ロッシも、ノリックの走りを見て、自分のことを
「ロッシフミ」
と呼んでいたのは有名な話。
そのくらい衝撃的な走りだったということだ。

コーナのアプローチで、大きく上体を起こす、他のライダーとはちょっと異質のスタイルは、いまだに目に焼きついている。

また、ロンハスラムばりの、ロケットスタートも、思い出す。
予選グリッドは後ろでも、1コーナ時点では、かなり前に出ているのだ。

その後が、続かないのは、御愛嬌。
どういうわけか、良いところで、コケてしまうのも御愛嬌。

日本GPで優勝。
YAMAHAワークス入り。
その後は、サテライトながら、ダンティーンで参戦。
結構よい走りをするも、結果につながらず・・・。
最近は、開発ライダー兼務で、スポット参戦していたが・・・。
いつか必ず、フル参戦する事を願っていた私。

しかし、天才は短命と言うが、本当みたいだ。

加藤大治郎も短命だった。

2003年の鈴鹿でクラッシュ。
そこで帰らぬ人に・・・。

250ccでは、中野真矢、オリビエ・ジャック、原田哲也、などと激しいバトルを繰り広げ、また、500ccにステップアップしても、その才能を見せつけた。
これから・・・と言う時に・・・。

それにしても、何で、ノリックが・・・。
朝から、夫婦で凹んでいる。
(うちの妻も、ノリックの死に衝撃を隠せないでいる)

気が付くと、デスクトップの背景を、ノリックにしている私・・・。

決してノリックの走りは忘れないし、忘れられない。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »