フォト
無料ブログはココログ

ショッピング

  • 金魚飼育 関係 ショッピング

  • なかのひと

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月26日 (日)

20年ぶり 無線機購入! その2

無線機を購入した経緯は前に書いたとおり。

何しろ、20年ぶりに購入したので、無線機の選定からして、”浦島太郎”状態。

無線機屋に入って、まず、ショーケースを見て一言。

「すげぇ~」

何がすごいって、
・小さい
・マルチバンドは当然
・ハイパワー
・しかも安い。

ちょうど携帯電話の進化と同じに考えてもらうとわかりやすいかも。
20年前の携帯電話は、まるで、「野戦兵」用の無線機みたいだった。
それが、今では、ポケットに入り、TVまで見れる。

ってな訳で、感動しつつも、滅多に使わないので、最新機種を購入するのももったいない。
・ある程度小さい。
・144/430MHz
・乾電池も対応可能
の条件から、選択した。

その結果、

スタンダード FT-60

を購入した。

帰宅して、早速充電。
充電しつつ、取り扱い説明書を読む。

「???」
「この機能は何?」

使わない、いや正確に言わないと。
使いこなせない機能が盛りだくさん!!

まあ、私の場合、決まった周波数に設定し、その周波数で交信できればそれで十分。
テンキーもダイヤルも付いているから、直感的に扱っても、それはできる。

しかし、技術の進歩はすごいものだ・・・。
と思いつつ、

「もう一度、電信やってみたい・・・」

などど、思っている私。

20年ぶり 無線機購入!

約20年ぶりくらいに、無線機を購入してしまった!!

実は、私はアマチュア無線家だったのだ。

15年くらい前の、スキーブームの頃とほぼ同じにして、アマチュア無線もブームになったが、その頃、免許を取った人のほとんどが、リタイアしているのではないか?
現役の方には申し訳ないが、この時代、アマチュア無線は極めてディープな世界だと思う。
私は、携帯電話全盛のこの時代、最近は、ほとんど、電波を出していない。
免許だけは切らないように、5年に1度、必ず更新している。
だから、セミリタイアみたいなものか・・・。

知らない方のために説明すると、アマチュア無線には、2つの免許が存在する。
1つは、国家試験を受けて合格すると、個人に発行される、個人の免許。
もうひとつは、免許を持った人が申請して、発行してもらえる、無線局の免許。
これが、いわゆる、コールサインというやつ。
ちなみに、TVやFMなども、無線局の免許が必要でコールサインがある。
有名なのは、フジテレビの”JOCX-TV”。

閑話休題

この時期に何で、無線機を?
そう思われるだろう。
実は・・・。

昨年、この地方は、物凄い豪雨に見舞われ、あちこちで土砂崩れや、土石流、がけ崩れなどの、水害が発生し、犠牲者も出た。
その教訓から、行政にて、防災組織の見直しがあったのだ。
で、我々、アマチュア無線家も、抱きこまれたという事・・・。

昨年、水害があって、その時の話を聞くと。

1)防災無線が限りなく少ない。
2)消防関係は、受令器のみ。つまり送信できない。
3)携帯は使用不可。

で、結局、まともに使えたのは、アマチュア無線だけだったとのこと。
そういえば、先日の、新潟の地震でも、アマチュア無線がかなり役に立ったらしい。

問題は、1)の防災無線と、3)の携帯電話。

今年は、防災無線の台数を増やしたらしい。
その内情を聞いて驚いた。

発注元は無線の経験の無い自治体関係者。
その為、どこに発注して良いかもわからず、
「消火器などを扱う業者なら、同じ防災だろう」
てなかんじで、
「なんか良いの無い?」
って感じで注文する。
その為、使いにくい、いい加減な物が入ってくる。
しかも、とても高いお値段で。

これじゃ、税金が安くならないわけだ。

また、閑話休題。

あと、みんな携帯電話を過信している。
ちょっとの水分でNG。(防水携帯は別だが)
ちなみに、昨年は、雨には濡れていないが、自分の汗でむれてしまい、壊れてしまったケースも。
それに、携帯電話は、基地局がダメになったら終わり。
基地局がダメになるケースは、基地局そのものの異常もあれば、回線がパンクする事もある。
それゆえ、災害時には、携帯電話はダメなのだ。
余談だが、登山も携帯電話はダメ。
エリアが限られてしまうから。これに気付かず、携帯しか持参しない、中高年登山者が多いと聞く。これじゃ、気構えからして、遭難しても仕方ない・・・って。

まあ、そんなわけ(どんなわけ)で、地域の防災無線班に組み込まれてしまい、無線機を購入するはめになったのだ。

2007年8月19日 (日)

生き物係 その後

カブトムシのメスと、コクワガタのメスを飼育することになったのは前に書いた。
その後日談。

実は、その数日後に、会社から帰宅しようと、通用口を出た時に、また、コクワガタのメスを見つけてしまった。

「ゲッ!! またメス?」

と思って、捕まえて帰ろうとしたら、すぐ目の前にオスのコクワガタが!!

「ラッキー!!」

と言う事で、無事にオスメスをゲット出来て、現在は、オス1匹、メス2匹になっている。
これで、交尾し、産卵してくれれば・・・。

ところが、カブトムシはメス2匹のまま・・・。
これでは、産卵の可能性は無い。
と言う事で、カブトムシのオスの捕獲に乗り出した。

ここ1週間ほど、毎晩、林道の照明があるところに繰り出して探していた。
しかし、何度行っても、見つかるのは、メスばかり。

「ここでもメスばかりかよ・・・」
「カブトムシのメスに好かれてもなぁ」

と、肩を落としていた。

実は、ザクザクと捕獲できる場所は知っている。ただし、ちょっと我家から離れた所になってしまう。それに、捕獲のために、蜜を塗っておけばさらに良いことも知っている。

しかし、それはしたくなかった。
夏休みの思い出のために、娘と一緒に捕獲する事も目的だったからだ。

それゆえ、
・カブトムシは夜行性
・光に集まる習性がある
・うちの近くの林でも取れる

事を教えたかったのだ。

娘の夏休みはこの日曜日でお終い。
だから今夜のチャレンジが最後。
何とか、一匹でも・・・。

との願いが通じたのか、やっとの思いで、オスを1匹ゲット!!
しかもかなり大きい!!

娘も大満足。
当然、私も満足。
よかった・・・。

2007年8月13日 (月)

DELL DIMENSION5150 はダメ?

会社で、3D-CADを使用して設計している。
ちなみに、ソフトは、SolidWorksだ。
まあ、大企業をのぞけば、極めて一般的なCADだろう・・・。

ところが、ここ2週間ほど、極めて具合が悪い。
3~4回/日の頻度で、フリーズしたり、極めて動作が遅くなったり、勝手に落ちたりしてくれる。(怒)

SolidWorksは昔から、
「メモリを浪費するので・・・」
といわれていた。
しかし、最近のバージョンは改善されたと聞いている。
確かに、2週間より前は問題なかった。

となると、ハードウェアの問題か?
ちなみに、使っているマシンは、DELLのDIMENSISON5150。
・CPU P-4 3GHz
・メモリ 1G
・ビデオ ATI Radeon X600
・HDD サムソン 160G 7200rpm
それなりのスペックだと思う。

気になって、温度を測って見た。
ソフトではHDDしか、測れなかったので、フタを開けて直接、温度を測る事にした。

非接触型の温度計で測定した、その結果は、
・HDD → 約65℃!!
・CPUクーラー → 約60度
・グラフィックボード → 約70度!!

ありえない!!
なんて高温!!

一応、温度計は、仕事に使う物で、ある程度は信頼性がある物。
つまり、本当にそんな温度になっているのだ。

DIMENSIONはスリムPCの為、ケース内に無理矢理詰め込んである。
冷却風の流れは、決して良くないと、一目見て分かる。

HDDの限界温度は、大体60度くらいだと聞く。
それを越えてしまっているとは・・・。

逆に、よく壊れないものだと、感心してしまった。
また、これを市販した勇気に感動・・・。

ちなみに、今これを書いているZ60tで、似たような事をしても、問題なかった。
同一のファイルを、会社から持ち出すわけにはいかないので、似たようなモデルを作ってみて、作業をしてみたのだ。
それゆえ、はっきりとした事はいえないが、やっぱりハードウェアの問題?

SolidWoksの不調の原因は、わからないが、何しろ、仕事が進まず、本当は休日だったのに、昨日も、今日も出勤する羽目に・・・。

くそー。
やはりスリムPCでCADは無理があったか・・・。
って、私が導入したなら、絶対にIBMのタワーにしたのだけど・・・。

2007年8月 5日 (日)

CDMA1XからWINへ 3

携帯をW52CAに変えて約1週間。

とうとう、お風呂で使ってみた。

別に、取り立てて、風呂場でまで見たい番組があったわけではないが、何しろ試して見たい。

一応、防水・防滴仕様となっている。
詳細な数値は、検索してもらうとして、簡単に言えば、
・IPX5
ある程度の噴流をかけても異常ないこと。
・IPX7
水中に水没させても、ある程度は大丈夫。

の規格をとっている。

さて、風呂場でTV鑑賞。

「おぉ~。写るじゃないか!!」
「でも、やっぱり、受信状態悪いな」

ってな感じ。

その昔、アナログの小型TVを持ち込んだことがあったが、その時は、ゴーストやノイズだらけでも、画像が途切れる事は無かった。
その為、
「常時汚いが、切れる事は無い」。

しかし、こちらは、ワンセグ。
受信状態が悪くなると、途切れてしまう。
「見える時はきれいだが、いきなり切れる」。
その為、話の前後関係がわからなくなってしまう。

どっちもどっちかな・・・。

さて、W52CAの防滴性は合格レベルだろうか?
今のところ、障害は何も出ていない。
つまり、初期的な防滴はOKと言う事。
(出てもらっちゃ困るけど)
障害が出るとすれば、しばらくたってから、腐食などで出るかも・・・。

しかし、風呂場でのTVって、結構楽しい物ですね。
冬場は病み付きになるかも。

私は生き物係?

先週の火曜日(月曜日は出張だったのでいなかった)に、出社すると、喫煙所に、虫かごが・・・?。

「何これ?」

と聞くと、

「カブトムシ」

との答え。

そんな事は見ればわかる。
何でここにあるのか? を聞きたかったのだ。

で、詳しく聞くと、会社の人が偶然捕って、
「誰か、飼う人いるだろ」
ってな感じで、持ってきたそうだ。
ちなみに、その「誰か」とは、私のことらしい。
私は、生き物係か?

週末まで、誰も持ち帰らない。そのまま喫煙所にある。
ちなみに、そのカブトムシはメスだったので不人気だったのだろうか?
持ってきた人が、「虫ゼリー」を入れて持ってきたので、餓死する事は無かったが、さすがに、このまま週末を越す事は難しそうだ。

情にほだされて、私が持ち帰る事に。

「何でオレが・・・」

とブツブツ言いながら帰路につき、車を走らせていると、何かが首筋を動いている。
手で探ってみると、虫だ。
灯りをつけて確認すると、コクワガタのメスだった。

どこで貼りついたのかわからないが、カブトムシを持ち帰る道すがら、クワガタまで、やって来るとは・・・。

翌日、カブトムシ、クワガタムシ飼育道具を購入。
・くぬぎ純太くん(おがくず)
・餌用木
・餌ゼリー

実は、数年前まで、カブトムシを飼育していた。飼育といっても、成虫だけではなく、ちゃんと産卵させて、幼虫時代も飼育していた。
当時は、羽化した成虫が、オスばかりで、そこで自然終了してしまったのだが・・・。

さて、準備は・・・
手で握ると軽く固まる程度まで、くぬぎ純太君を湿らせる。
餌用の木も水に漬けて湿らせておく。
あとは、飼育ケースに入れるのみ。

簡単、簡単。

さて、オスをどこからか調達しないと、産卵しないな・・・

と、思っていたら、昨晩も、車で走っていたら、また、社内にカブトムシが!!
しかも、また、メス!!

どうも、女性(カブトムシ)に好かれてしまったようだ。

さわがに

先週、娘と、妻の3人で、”さわがに”を取りに行った。

会社の喫煙所で、
「うちの休耕田の沢で、さわがにが沢山とれるよ」
という話を聞いたので、

「ちょっと、行ってみるか?」
といった軽いノリで、取りに行ったのだ。

軽いノリで行ったので、服装も、思い切りなめた格好。
Tシャツにジーンズ。足元はスニーカ。
地元の強みと言うか、地元だからなめていると言うか・・・。

でも、沢の中に入るわけじゃないし・・・大丈夫だろうと思っていたが、落とし穴は別のところに、あった。
それは、「蚊」!!
体中刺されて、ひどい目にあった。

まあ、それはさておき、さわがに。

会社の人の話どおり、簡単に取れる。
その辺の、ちょっと大き目の石をひっくり返せば、5回に1匹は見つかる。

これなら、娘にも調度いいや・・・と思い、取らせてみた。
すると、あまりにもお決まり過ぎるくらいだが、指を挟まれてしまった。
ベタ過ぎて、私も妻も、心配する前に笑ってしまった。
(娘に怒られた・・・)

家に持って帰って、金魚さんの水槽にポイ。

一応、空気呼吸?出来るというか、水面から顔を出せるように、網を入れておいた。
後でわかったことだが、さわがには、水中飼育はNGらしい。
でも、水槽を分ける事も出来ないし・・・。

しばらくは、網で我慢してもらおう。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »