フォト
無料ブログはココログ

ショッピング

  • 金魚飼育 関係 ショッピング

  • なかのひと

« 転職して1年を振り返り | トップページ | 家電の面白ばなし エアコン »

2007年7月 1日 (日)

ThinkPad にほれた男

先日あった、職場でのやり取り。

私がPCで、「カタカタ」とレポートを書いていると、会社の偉い人が、社内6S(いわゆる整理、整頓など)巡視に来て、色々と言っていった。

偉い人
「何で、机が広いの?」


「机が広いのではなく、キーボードが小さいから、そう見えるんです。」

偉い人
「何でキーボード変えてるの?」


「IBMのThinkPadのキーに慣れているので」

偉い人
「ふぅ~ん。それ自腹?」


「もちろん。そうですよ。」

偉い人
「そこまでする価値あるの?」


「まあ、私にとっては、入力デバイスは作業性に関わるから重要ですね。」

偉い人
「ふぅ~ん。」

とまあ、怪訝そうな顔をして去っていった。

そう。私は、会社のPCのキーボードを、ウルトラナビ付きのThinkPadキーボードに、変えているのだ。
ただし、ウルトラナビ(タッチパッド)は嫌いなので、殺してあるが・・・。

特に、マウス嫌いの私にとって、キーボードは、PCにとっては、最も重要な、人間とのI/Oデバイスであると考えている。
CADなどの、マウスを使わざるを得ないアプリはやむをえない。
しかし、ワープロ、表計算、プログラムなどは、キーボードでほとんど事足りる。
逆に、マウスに手を伸ばす時間が、無駄になるのが嫌い。
ショートカットキーを用いれば、マウス操作のほとんどがキーボードで実現出来る。

一般的な、
Ctrl+C(コピー)
Ctrl+V(貼り付け)
Ctrl+X(切り取り)
Ctrl+Y(繰り返し)
Ctrl+Z(取り消し)

後は、Shift+F10で、マウスの右クリック相当。
Alt+F4で、アプリ終了。

Wordなら、Ctrl+D でフォント編集。
Excelなら、Ctrl+1 でセル編集。

他にも色々あるけど、この程度覚えておけば、マウスの使用頻度は激減する。

時代に逆行するようだが、私は、GUI(グラフィック・ユーザ・インターフェース)よりも、CUI(キャラクタ・ユーザ・インターフェース)の方が好きだ。
それゆえ、キーボードに依存する部分は極めて大きい。
だから、自分にあったキーボードは極めて重要な、仕事のツールなのだ。
自腹を切っても購入し、交換しても、全くムダだと思わないし、高いとも思わない。
(ちなみに、私は、12000円くらいで購入した。)

ThinkPadのキーボードは、きちんと、7列配置。
主要キーは、5列に配置。
ファンクションや、そのほかの機能キーは、その上の2段に。

ファンクションも、4つづつきちんと離れて配置されており、きちんと目視しなくても、アバウトな視線でもそこと確認できる。
これが、かなりうれしい。
文字種の変換時に、ファンクションキーを良く使うのだが、F6~F8が日本語、F9~F10が英数字と、間違えずに打てるのがうれしい。
他社製を使用していた時には、ここが離れていないし、色分けもしてない物も多く、仕方なく、シールを貼って視認性を高めていた時もあった。

キータッチも絶妙。
長時間打っても、疲労は少ない。

と、まあ、ベタボメだが、皆さんも、ぜひ一度、お試しあれ。
ThinkPadのキーボードから戻れなくなる事、間違いなし。

« 転職して1年を振り返り | トップページ | 家電の面白ばなし エアコン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 転職して1年を振り返り | トップページ | 家電の面白ばなし エアコン »