フォト
無料ブログはココログ

ショッピング

  • 金魚飼育 関係 ショッピング

  • なかのひと

« INTAGE Realia その4 | トップページ | ThinkPad 新T61はZ60tの進化形か? »

2007年5月27日 (日)

ThinkPad 新T61(ワイドディスプレイ)

レノボから、ワイドディスプレーT61が発表になった。

ThinkiPadとしては、“Santa Rosa”対応初品となるらしいが、そんな事はともかく、今回のT61は、ワイドディスプレイなのだ。

最初見た時、

「これって、Z60tじゃないの?」

って思ったくらい似ている。

ワイドディスプレイになった分、キーボードの両側に空きスペースが出来て、そこにスピーカを配置したためだろう。

ワイドディスプレイに関しては、賛否両論あるようだ。

私は、この1年、Z60tを使用してきて
「ワイドディスプレイも悪くは無い。」
と感じている。

私は、DVDを見たり、ゲームをしたりしないので、ビジネスアプリと、CAD関係が主体。
それでも、いや、それだからこそ、ワイドディスプレイのメリットを感じているのかも。

・Excelシートで、幅広く使える。

・Wordでも文字を大きく表示できる。

・最近のCADは、作業エリアの左右にツールバーが配置される事が多く、ワードディスプレイの場合、作業エリアが大きく取れる。

ワイドディスプレイというと、エンターテイメント系というイメージがあるが、ノートPCに関しては、結構ビジネス向けに有効だと感じている。
何しろ、ノートPCという、持ち運ぶことを前提の、限られた面積で効率よく作業できるのだから。

ただし、もっと大きなディスプレイが設置使用出来る、デスクトップ作業環境ではスクエアの方が良いけどね。

« INTAGE Realia その4 | トップページ | ThinkPad 新T61はZ60tの進化形か? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« INTAGE Realia その4 | トップページ | ThinkPad 新T61はZ60tの進化形か? »