フォト
無料ブログはココログ

ショッピング

  • 金魚飼育 関係 ショッピング

  • なかのひと

« INTAGE Realia その2 | トップページ | 悲しやスイフト »

2007年5月 6日 (日)

INTAGE Realia その3

また、昨日に引き続き、INTAGE Realia の話。

INTAGE Realia (インテージ・リアリア)については

詳しくは、http://richmedia.kgt.co.jp/html/realia_regist.html

を参照いただきたい。

マシンパワー不足でも、体の中味などをクルクルと回せるし、特定の血管を抽出する事も出来る。
また、指定の断面を表示させる事も出来る。

これで、Drが説明してくれれば、Drも説明しやすいのではないか?

何しろ、素人は、CTやMRIの断面写真を見せられても良く分からない。
そこに、3D画像でクルクル回して、
「ここが患部です」
って説明すれば、一目瞭然。

ぜひ、多くの病院に導入して欲しい。
正直そう思った。

ただし、患部がリアルに出るので、重篤な患者の場合、患者の精神面を考える必要があるかも・・・。

私なら、見せられたら凹むかも・・・。

そのくらい、リアルに見えるのだ。

« INTAGE Realia その2 | トップページ | 悲しやスイフト »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« INTAGE Realia その2 | トップページ | 悲しやスイフト »