フォト
無料ブログはココログ

ショッピング

  • 金魚飼育 関係 ショッピング

  • なかのひと

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月27日 (日)

家事のマルチタスク化

例によって、休日(平日も)は、出来る限り家事を手伝うようにしている。

こういうのは、いったん止めると、楽なので、二度と手伝わなくなりそうで、あえて、継続を心がけている。

で、専業主夫をしていた時と、色々と違いに気付いた事がある。

それは、

時間の制約がある
または
出来るだけ早く片付けたい

である。

会社で働いた後は疲れているし、休日は何か他の事をしたい。
って考えるので、簡単に、早く済ませたい。

ならば、やっぱりマルチタスクするしかないでしょう。

ところが、なかなか、マルチタスクできない。
マルチタスクして、結果的に遅くなったり、それぞれの出来が悪かったり・・・。

例をあげると、お湯を沸かしながら、洗濯物を干している。
気が付くと、やかんが噴いている。
あわてて火を止めに行くと、洗濯物が地面に落ちている・・・。

まあ、早い話が、まだ、マルチタスクできるほど、家事のスキルが無いってことか?

2006年8月26日 (土)

相性? 見る眼が無い?

相性ってあるのだろうか?
(ここでの「相性」とは、人と人の相性では無い。)
最近そんなことを良く考える。
つい最近、下記に書いたお店で購入~セットアップした物が壊れたので。

例えば、

・自動車関係の物品
○ート○ックスで、高価品を購入すると、必ず壊れる。
もしくは、いい加減に取り付けられ、結局自分で直すはめになる。
と言う事で、○ート○ックスでは、消耗品以外は買わない。
昔、サイズの違うタイヤとホイルを無理にセットして売り付けられた経験もあるので、タイヤも怖くて買えない。

・家電製品、PCなど
○イデンで購入すると、すぐに壊れる。
他にも、「購入して自宅で箱を空けたら故障品」という事が数回。
ラオッ○ス、○マダ電気の場合は、大丈夫なのだが・・・。

・ファンヒータ
これは、お店ではなく、製品そのもの。
ファンヒータは、どこのお店で購入しても、保障期間を過ぎるとすぐに壊れてしまう。
別に、一般的に使っていて、そんな過酷な使い方はしていないが・・・。

上に書いた、お店でも問題のない人も大勢いるし、ファンヒータだって、何年も使って、問題ない人もいる。
(もっともだいぶ騒がせた事件はあったが、それは別として。)

もう、ここまで来ると、相性としか言い様が無い・・・。

2006年8月20日 (日)

試用期間終了

転職後、昨日(正確には今日)をもって、

3ヶ月の試用期間が終了した。

その3ヶ月間は、

・無遅刻、無欠席
・勤務態度も悪くは無いはず
・特に会社に大きな損害は与えていない

ので、正規雇用してもらえることを期待している。
12月までの、開発計画に名前が載っているので大丈夫だとは思うが、案外、試用のまま継続だったりして。

正規雇用になるかどうかは、次月(9月)の役員会にて決まるそうだ。

まあ、その席上で、
「与えている給与に対して、成果が出ていないのでダメ」
と言われてしまえば、それまでだが・・・。

「明日から来なくていいよ・・・」

って、言われない事を祈るのみだ。

2006年8月14日 (月)

スライム作り

今日は、娘と、甥っ子で「スライム」を作った。

作り方は、色々なHPに、詳しく載っているので、そちらを参照した方が良いかもしれませんが、今回の、概略の準備と作り方を。

◎準備する物:
・洗濯糊
 (成分が、「ポリビニルアルコール=PVA」のもの)
 100均ショップで、500cc程度買えます。
・ホウ砂
 化合物名は、「四ホウ酸ナトリウム」
 薬局、ドラッグストアで、500g単位で1000円。
 (こんなに要らないけど、これ以下のサイズは無かった)
・絵の具
 好きな色の水彩絵をどうぞ。
・透明な紙(?)コップ
 本当の紙コップでも出来るが、液体を混ぜるのに便利。
・空のペットボトル
 ホウ砂や、絵の具を混ぜるのに便利。

◎作り方:
1)ホウ砂の飽和水溶液を作成する。
・ペットボトルに水を入れる。
・ホウ砂を適当に投入。
・フタをしてシェイク。
・わずかに底に、ホウ砂の溶け残りが見えるくらいでOK。
 (飽和しているので、溶け残りが出るのだ。)

2)着色水を作成する。
・絵の具を溶かすだけ。
 出来るだけ濃く溶かすのがコツ。

3)洗濯糊を薄める。
・洗濯糊と水を同量にして、良くかきまぜる。
 厳密には、PVA4%水溶液なのだが・・・。
 市販の洗濯糊の場合、濃度など書いてないのでまあ、適当に。

4)スライムの作成。
・薄めた洗濯糊を、適量に着色する。
・ホウ砂の水溶液を、よくかき混ぜながら、少しづつ投入。
 かたまり具合を見ながら、ホウ砂水溶液を調節する。

☆!!完成!!☆

Slime

   

 

 

 

 

 

 

作ってみた感想を・・・。
・夏場なので、触った時の「ひんやり」とした触感は何とも言えずGood。
 うぅ~ん 気持ちよい。
・100均の洗濯糊は、ちょっと薄めの感じ。
 なので、濃い目にするほうがGood。
・ホウ砂水溶液を入れると、割とすぐに固まり始める。
 なので、出来るだけ早くかき混ぜるのが良いかと・・・。
・着色水は、濃く作らないと、ホウ砂水溶液や、糊で薄まるので、
 思ったより、仕上がりが薄い色になるので注意。
・ホウ砂は、どこへ行っても、最低単位が500gなので、
 出来れば、何人かの家族で集まるとか、子供会で作った方がムダが無い。

これ以外にも、ラメ入りのマニキュアなどを入れてみた。
確かに出来上がりの見た目はきれい。
しかし、マニキュア中の溶剤(トルエンなど)が、鼻に付き、とても遊べる代物ではない・・・。

さあ、夏休みの実験などでお困りの方。
小さい子供は作るだけでも良いし、高学年になったら、水溶液の濃度を変えて出来具合を観察するなど、応用は様々。
短時間で出来る実験です。チャレンジしてみてください。

また、PVA+ホウ砂で何でスライムが出来るのか?
なんてのを調べて、自由研究にしても良いかも・・・。
(タイヤのゴムの加硫との相違まで踏み込めれば、高校いや大学レベルか?)

はじめてのおもしろ理科実験&工作―1日でできるかんたん自由研究集 はじめてのおもしろ理科実験&工作―1日でできるかんたん自由研究集

著者:福井 広和
販売元:主婦の友社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年8月13日 (日)

主夫 リターンズ

いよいよ、待ちに待った盆休み。
うちの会社は、夏休みが無いので、8月の連休はこれだけ。
まあ、休めるだけいいや。

さて、表題に、「主夫 リターンズ」とあるが、別に失業して、専業主夫に戻った訳ではない。

以前も書いたが、
・専業主夫時代に、家事の大変さが十分に分かった。
・我家は、共働き = 妻も外で働いている。

ので、休日くらいは、何か手伝える事はやっているのだ。

まあ、偉そうな事を書いても、洗濯と掃除程度だけどね。

この盆休みは、遠出する予定も無いので、また、主夫に戻って、家事をしようかと考えている・・・。
実際に、昨日、今日と、妻より早く起きて洗濯をした。
まあ、週末の洗濯は、朝早く起きた方が、自主的にやっているので、特記すべき事ではないけどね。

こうやって、継続的に主夫業をしないと、家事の大変さを忘れてしまう。

「家事と子育ては妻の仕事じゃない!!」
「夫婦一緒にすべき事!!」

気をつけないと・・・。

2006年8月 6日 (日)

長野県知事選 結果

知事選も終わった。
すでに、結果も出た。(もっとも「当確」だが)

当確・・村井仁

(これで、明日の朝ひっくり返っていたらすごい驚く!)

まあ、ある程度予想していた事なので、驚きはしない。
ちょっと予想外なのは、得票差が結構あることだ。
まだ、郡部の開票しか終了していないので、最終的に都市部で若干、差は縮まるかもしれないが、2/3が村井仁に入っている感じだ。

あと、予想通り、投票率は、前回に比べて、10%程度下がっている。
特に、都市部が、著しく低い。
元々、田中支持派は、こういった都市部の人たちがメインだったので、その人たちが投票に行かなければこうなるだろう・・・。

村井仁の当確後のコメントが印象的だった。

「田中県政も色々な点で県民から評価されていたのは事実である。その点は継続していきたい。」

といった趣旨のコメントだった。

大人だ・・・。

ここが、田中康夫との違いで、今回票を伸ばした理由か?

後は、従来の馴れ合い県政に戻らない事を期待したい。
何しろ、自民、公明、連合など、ほとんどの団体が指示したのだから・・・。

心配だ・・・。

頼みますよ!!

長野県知事選

今日は、長野県知事選挙の投票日。

もちろん、投票に行った。

しかし、今回ほど、投票に困ったことは無い。
正直に言って、「白票」を出そうかと思ったくらい・・・。

田中康夫:
・現職、小説家
・支持政党・・・新党日本、共産党、他 勝手連

村井仁:
・元国会議員、会社役員
・支持政党・・・自民党、公明党、連合 他

正直な私の感想として、

1.昔の県政に戻るのは絶対にイヤ。
  (オール与党の馴れ合い県政)

2.でも県政運営はスムースにしたい。
  (今の県議は、知事の言う事は、全部反対。)

村井仁が知事になれば、県政はスムースに動くだろう。
何しろ、県議のほとんどが、村井仁を支援している。
でも、そうすれば、

かの劣悪な吉村県政に戻ってしまう恐れが大きい。

でも、

田中康夫も、いい加減、調子こきすぎ。

県政すら、満足に出来ないのに、新党日本なんて立ち上げて・・・。
何様のつもりだ!!
って感じなので、今ひとつ・・・。

前回の選挙では、私は、勝手連の一人として、田中康夫を支持した。
何しろ、県議のいじめとしか思えないリコールだったから。
それに、ここまで、田中康夫が羽目を外すとは思っていなかったし。

そんな訳で、今回は、全く応援する気にならないので、頼まれたが、見てただけ。
調度、二人の中間の人がいれば、応援するのだけど。

みんな、私と同じような感覚なのだろうか?
投票率が上がらない理由のひとつが、投票したい人がいないから?

一応、白票ではなく、記名してきたが、誰かは内緒。

さて、どうなる事か?

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »