フォト
無料ブログはココログ

ショッピング

  • 金魚飼育 関係 ショッピング

  • なかのひと

« トイレの節水 その2 | トップページ | 主婦、主夫、家事、育児! その2 »

2006年2月 9日 (木)

トイレの面白ばなし その2

先ほど、各社の水洗トイレの洗浄方法に付いて、色々な研究をしている事を書いた。
トイレメーカとのお付合いしていた時に聞いた、面白ばなしを少し・・・。

その1)代用汚物
まさか、実際に本物の汚物を毎回使用して、試験など出来ない。
それに、毎回同じ汚物が入手できる事などありえない。
臭くてやってられないだろうな・・・。

「JIS A5207 衛生陶器」では、代用汚物として、A~Cの3種を規定している。
”A:専用紙、B:樹脂のボール、C:スポンジ” である。

「JIS A4422 温水洗浄便座」では、代用汚物として、
”約0.2gのみそ φ15mmに均等に付着” である。

実際には、JIS規格の代用汚物以外にも、社内用試験規格で決められた、粘土質の物を使って試験を実施するそうだ。 

その2)水洗バルブの操作
皆さんは、水洗トイレのフラッシュバルブ(パイプから突き出た棒状の物)を、どこで操作しますか?
あれは、基本的には手で操作するもの

低い位置にある物は、足で踏むのもわかるが、ところが、どんなに高い位置、たとえば腰付近に付けたとしても、足で操作する人がいるとの事

また、一般的な回転レバー式の物でも、公衆トイレだと、足で操作する人がいるそうだ。
どんな格好でやっているのか、想像するだけで面白い。
コケ無いのかな?

その3)自動洗浄の弱点
自動洗浄付きのトイレが増えている。
新築、リフォームはもちろんの事、便座の取替え時に一緒に変える事も多い。

・弱点その1:停電時
ほぼ、モータで動かすので、停電時には動かない。つまり、水が流れないのだ。
もっとも、手動レバーも付いているので、手で操作すればそれでOKなのだが、結構、
「停電したら動かないじゃないか!」
って言うクレームがあるとの事。
世の中、色々な人がいる。

・弱点その2:他のトイレで
自分の家が自動洗浄付きで、それに慣れてしまうと、他のトイレでも、
「水を流す操作」
忘れてしまう事があるらしい。
個室から出る前に気付けば良いが、公衆トイレなどでやっちゃったら恥ずかしい・・・。

その4)”大”の後の「おつり」
ちょっと昔のタイプである「先落し式」ならともかく、最近の「サイホンゼット式」のように、便器内に常に多めに水が溜まっている便器だと、大のあと「おつり」が来る事がある。
それにクレームをつける人もいるそうだ・・・。

取り留めの無い話でスミマセン。
また、思いついたら、書き足します。

« トイレの節水 その2 | トップページ | 主婦、主夫、家事、育児! その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17116/659551

この記事へのトラックバック一覧です: トイレの面白ばなし その2:

« トイレの節水 その2 | トップページ | 主婦、主夫、家事、育児! その2 »