フォト
無料ブログはココログ

ショッピング

  • 金魚飼育 関係 ショッピング

  • なかのひと

« 懐かしや ’80s | トップページ | 金魚とドンコ その5 新新水槽 »

2006年2月 7日 (火)

今シーズン初の本格除雪

今シーズン初めて、本格的な積雪があった。
極めて珍しいほど、遅い本格的な降雪だった。

前にも書いたが、毎年の除雪の疲労に、もう我慢できず、今シーズンは除雪機を、
”2台も”
購入してしまった。
その、本格的な初めての活躍の場がやっと来たのである。

ガレージ(と言っても自転車用のビニールハウスみたいなもの)から、除雪機を出す。
♪タッタカター タカッタカタッッター♪
と、思わずサンダーバードのテーマを口ずさむ。
(豪雪地帯の皆さん。スミマセン。)

1台目は、ホンダのHS550
チョークを引いて、始動ロープを引く。
1発目:「ポロポロポロッ・・・。」
2発目:「ポロッッ・・ブァ~!バッッバッッバッッ」
さすが、ホンダ。この寒さでも簡単に始動した。

さて、除雪するか。
レバーを引き、オーガを回転させると、
「バッバッバッバッバッバッバッ」
と、雪を快調に飛ばしていく。良い気分だ。
しかも、ゴム製オーガの為、地面が見えるまで除雪してくれる。
平地の除雪が終わり、次に登り道に向かう。
「うっ! おっ重い・・・。」
HS550は、クローラが無いので人力で動かすしかない。平地でも結構重いのに、下りはともかく登りはかなりしんどい。
「ダメだ・・・。」
何かコツがあるのだろうか? どこか余計な力が入っているのだろうか?

結局、購入時の目的通り、登りは、「投雪機」として使用することに。
人力(普通の雪かき)で一箇所に雪を集め、それを、土手上に飛ばすのみ。
これなら、結構、効果的に作業できる。
ただし、二人がかり(機械作業者と、機械前への投雪者)になるけど。

2台目は、雪のけ君スーパー
こちらも、2発目で快調にエンジン始動。
さすがだ・・・。
2スト独特の排気音を出しながら、除雪開始。
ホンダより軽いので、登りも結構スムースに除雪できる。ただし、こちらもクローラが無いタイプで下にソリが付いているだけなので、乾燥路面では急激に操作が重くなる。それでも、快調に雪を飛ばしていく。
「うぅ~ん。気分良い。」
と思ったのもつかの間、オーガを止めているシャーピンが切れてしまった。どうも、木の枝をかんでしまい、その過負荷で、ピンが切れたようだ。
スペアのシャーピンが、すぐには見つからず、いったん「雪のけ君」は、今日はここまで。

去年までは、除雪、投雪と人力でやっていた。今年は投雪分は機械化したので楽になった。
しかし、贅沢に”ターボがかかってしまい”、クローラ付きが欲しい・・・。
って思った。

« 懐かしや ’80s | トップページ | 金魚とドンコ その5 新新水槽 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17116/641556

この記事へのトラックバック一覧です: 今シーズン初の本格除雪:

« 懐かしや ’80s | トップページ | 金魚とドンコ その5 新新水槽 »