フォト
無料ブログはココログ

ショッピング

  • 金魚飼育 関係 ショッピング

  • なかのひと

« こりゃ便利!な道具 その2 | トップページ | 結露対策 その5 »

2006年1月26日 (木)

IBMにほれた男 その2

前にも書いたが、私は、IBMファン

メインマシンは、X31
家族共用マシンも、A51p

何で、IBMかというと、単なるブランド志向では無い。
(いや、ヤッパリ、ブランド志向かな~。)

現在のPCの主流の基礎を作った会社という重み。
(Mac以外は、ほとんど、PC/AT互換だし。)

社名からして「International Business Machines Corp」って言うくらいで、得意先は、ほとんど法人らしい。
それゆえ、X40では無くなったけど、私のX31には、まだ、パラレルポートがついている。
(実は、開発者は外したかったけど、CADなどで、ここに認証キーを挿さないと動かない物もあるので、外せなかったとか・・・。)

真っ黒なボディーで、あからさまに無骨さを感じさせる。
VAIOがきっかけの、シルバーブームも気にしない。
(ひょっとしたら、開発陣は気にしてたりして・・・。)

最近は無いけど、極端な実験的な商品を世に送り出したりして。
PC110 っていう、別名「ウルトラマンPC」 ってご存知?

相変わらず、トラックポイントにこだわる、その姿勢。
(パッドもついているマシンも多いけどね。)
パッドだと、私のように、変換時に左親指で、スペースキーを押す人は、誤触にて、カードルがどっかに飛んで行ってしまうのを防げるのでGood。

色々書いたが、一番のPOINTは、キータッチ
ThinkPadのキーボードに慣れると、他のキーボードには戻れない

ストローク。
ピッチ。
反力。
キーレイアウト。

もう、ほんとに戻れないのよ。

特に、他社のノートPCのキーボードは、雲泥の差がある。
ストロークが無く。
ピッチも適当。
反力を感じないヘナヘナなキータッチ。

他社製で、一番不便なのは、
「Home」、「End」、「PUp」、「PDown」が、
「Fn」キーと同時押しを要求されること。

描画以外では、マウスをほとんど使わない私にとっては、これら4キーは、独立してもらわないと、指が足りない。

結局、会社で貸与されたPCのキーボードに我慢できずに、自腹で13000円も出して、USB外付けのトラベルキーボードを購入してしまったくらい。
ThinkPadのキーボードが、全くと言って良いほど、再現できる優れもの。
ちなみに、合皮のキャリングケースもついているので、携帯にも便利。

Ibm2 
 

 

 

 

 Ibm3

そのくらい、ThinkPadのキーボードは良いのだ。

残念ながら(?)、Lenovoに買収されてしまった(売却した?)が、まだ、今なら、リアルIBMを手に入れるには間に合う。

これを読んで、共感した貴方!!
ぜひ、急いで購入すべし!!

Lenovo ThinkPlus USBトラベルキーボード ウルトラナビ付 [31P9514] Lenovo ThinkPlus USBトラベルキーボード ウルトラナビ付 [31P9514]

販売元:Lenovo
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« こりゃ便利!な道具 その2 | トップページ | 結露対策 その5 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17116/511507

この記事へのトラックバック一覧です: IBMにほれた男 その2:

« こりゃ便利!な道具 その2 | トップページ | 結露対策 その5 »