フォト
無料ブログはココログ

ショッピング

  • 金魚飼育 関係 ショッピング

  • なかのひと

« 理系離れ防止 電子工作 その1 | トップページ | 妻の実家へ帰省 »

2006年1月 2日 (月)

理系離れ防止 電子工作 その2

今日も、昨日に引き続き、甥っ子の付き合いで、ラジオを作った。

今日は、検波とアンプを内蔵したIC搭載と、増幅用Trも持ったラジオだ。
昔なら、「2石ラジオ」とでも言うべきものだろうか?

2回目なので、手馴れたものだ。
子供の吸収力は早い。

あっという間に組みあがり、今回も簡単に受信成功。

こんなに簡単でいいの?って感じ

に見受けられた。

今回のラジオは、昨日の鉱石ラジオと違い、単5乾電池を電源に使用するもの。
ここで、電源の要/不要の説明をすべきだろう。しかし、

鉱石ラジオは、電波のエネルギのみを使って音を出している。
電波にはエネルギがあるんだね。
でも小さい音だったよね。
今日のは、その小さな音を、電池のエネルギで大きな音にしている。

程度の説明しか出来なかった。

情けない。

今まで、色々と理系離れの原因を、他人の責にしてきたが、
自分でもろくな説明が出来ないではないか。

本来ならば、何か面白い説明や、次のSTEPに進ませるようなアドバイスをすべきなのに・・・。

理系離れを他人のせいにして、ゴメンナサイ。
自分の実力の無さ、説明の難しさを実感しました。

« 理系離れ防止 電子工作 その1 | トップページ | 妻の実家へ帰省 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 理系離れ防止 電子工作 その2:

« 理系離れ防止 電子工作 その1 | トップページ | 妻の実家へ帰省 »