フォト
無料ブログはココログ

ショッピング

  • 金魚飼育 関係 ショッピング

  • なかのひと

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

洗濯機 面白ばなし その1 電気バケツ

松下電器から、
「電気バケツ ”ただのバケツじゃありま洗”
と言う、超小型洗濯機が出ているのをご存知のことと思う。

日テレ系の「ダウンタウンDX」の商品にもなっているくらいなので、知名度は結構あるのでは無いだろうか?

これが発売される直前に、職場で色々と議論したことがある。
(家電関連メーカ勤務だったので、事前に情報は入るのよ)

A氏:「こんなもん売れるの?」
B氏「ムリでしょう。需要がどのくらいあるのかな?~」
C氏:「いや。子供のオムツとか、一人暮らしの女性の下着とか
    需要は結構あると思うよ。」

A氏:「そういえば、うちでは、私の靴下は一緒に洗ってくれないな。」
みな:「それじゃ、確実に売れるじゃん! (爆)」

B氏:「でもな~。脱水機能無いんだよな~。」
C氏:「脱水機能があれば、確実だよな。」

ってな、話をした事がある。
B氏は否定的な意見ばかり。亭主関白で家事はしないそうだ。
C氏は、肯定的。小さな子供もいて、共働き。
ここで、見解の相違が出るのだ。

で、実際に売り出してみての反響は、結構良かったようだ。
情報の確度は不明なれど、一時はバックオーダを抱えたとか・・・。
それに、他社から類似品が出ていたりするくらいなので、それなりの需要はあるのだろう。

今、私自身でも、
子供がお漏らしした時など、
洗濯機を回すほどではない、
けど、そのまま放置はしたくない、

てな時に、使いたいな~ などと思うことが度々ある。

電気バケツの紹介でした。

National 電気バケツ ブルー N-BK2-A National 電気バケツ ブルー N-BK2-A

販売元:National
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年1月30日 (月)

全自動洗濯機 その3 屋外設置はダメ

実家で購入した、全自動洗濯機は、屋外設置である。

実家では、まあ、特殊なことはしない人たち(両親のことだが)だし、購入して、もう何日もたつので、操作も覚えたようだ。
一連の操作を体で習得した
って感じだと思われる。

操作が解決したところで、別の、困った問題が露呈。

実家では、洗濯機を屋外に設置している。
このあたりは、今年は暖かいとはいえ、真冬日が当然。
明け方には、-10℃くらいになる。

で、洗濯機内部に残った水が凍りつくのだ。
凍りついた洗濯機ほど、始末に困るものは無い。
・給水は出来ない。
・排水は出来ない。
「あ゛~っ」

って感じである。

私は、前職が、家電製品関係のユニットの設計を行っていたので、洗濯機にもそれなりに知識がある。

この洗濯機の風呂水ポンプは遠心ポンプである為、原理的に水がポンプ内に無いと給水出来ない。そのため、水が溜まるように出来ている。
(この点については別途、書きたいと思います。)
今回は、凍ったところは、給水側の風呂水ポンプと、水道水の切替バルブ付近である。

ムダだと思いつつ、メーカのコールセンターにTELしてみる。
メーカ:「はい、●●お客様センターです。」
私  :「実は、洗濯機が凍るのですが・・・」
と、一連を説明する。
とても愛想の良い声で、対応してくれたが、結果的に、メーカ側のコメントとしては、

”屋外設置は考慮していない”

であった。確かに取り扱い説明書にも書いてある。
でも、このあたりは、室内でも、氷点下になることは珍しくない。
と、言うことは、氷点下になれば、室内でも凍る。

最近の、乾燥機能付きの洗濯機はどうなのだろうか?
排水側は、高温(高温湿)になるので、大丈夫かもしれない。
が、給水側は、水溜りが出来てしまえば、そこが凍るだろう・・・。

前職時代に、洗濯機メーカの設計担当と話をして、
メーカ側:「屋外設置なんて、日本には、いまどきそんなにいませんよ。」
私   :「実は実家が、屋外に設置していて・・・。」
メーカ側:「・・・・(黙り込む)」

で、結果的に、実家では、凍るたびに、お湯をかけて溶かして使っています。
なんとも原始的な・・・全自動洗濯機の使い方でした。

2006年1月29日 (日)

トイレの面白ばなし

息抜きにトイレの面白話を・・・。

私は、男なので、
「小」をする時には、便座を上げる。
普通の男の人なら、当然だと思う。
女性は、当然、
便座を下げ、座って用をたすだろう。

で、ここで問題が。
万国共通らしいが、
多くの男性は、用をたしたあと、便座を下げないのだ。

その後に入った女性は、便座が下がっていないのに気付かないと、
便器に直接座ってしまうらしい。

で、実際の話だが、アメリカでは、この問題、つまり、

夫の後にトイレに入った妻が、直接便器に座ってしまう

事が、離婚の原因になるらしい。
私は、男なのでよくわからないが、きっと、あの冷たい便器に直接腰掛ける事は、かなり
「キツイ!!」
のだろう。何しろ離婚の原因になるくらいなのだから・・・。

それゆえ、便座が自動でしまる装置の売れ行きが伸びているとか・・・。

また、日本でも、かなり、便座、便蓋の自動開閉装置付きトイレを目にする。
新築の家、リフォームの家はもちろんのこと、便座、便蓋だけ取り替える需要もかなりあるとの事。家庭だけでなく、パブリックのトイレでも目にする機会も多い。

で、これに慣れてしまうと
「便器の前に立って、便座が動くのを待つ」
ようになってしまい、で、いつまで待っても動かないので、
「あっ!手動式か?」
と、手で、便座を上げ下げするらしい。

それとは逆に、自動的に上がるのを待ちきれずに、
「ウォ~!」
っと、動こうとする便座を、無理やり手で
「メキメキッ!!」
と動かして、破壊してしまうケースも多いとか。
破壊に至らなくとも、その場で、お漏らししてしまう子供もいるとか。

何事も、完璧とはいかないようで・・・。

まあ、トイレにまつわる面白ばなしでした。

INAX PASSO シャワートイレ オフホワイト CW-RX1-BN8 INAX PASSO シャワートイレ オフホワイト CW-RX1-BN8

販売元:INAX
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

2006年1月28日 (土)

全自動洗濯機 その2

全自動洗濯機についてのおもしろ情報。

この前、
「最近の全自洗は、ヒューマンインターフェイスに優れない」
と書いたが、実は、面白い全自洗がある。

それは、

Haier(ハイアール) JW-Z20だ。

Haierハイアール。あまり耳にしないかもしれないが、中国では最大級の家電メーカであり、非常に大きな企業なのだ。
ちなみに、日本でも、三洋と合弁会社を作っている。

で、この洗濯機。
全自洗でありながら、昔ながらのダイヤル式の操作が出来る機械式。
しかも世界最小の2Kg!!。
まあ、「世界最小」が良いかどうかは別にして、ダイヤル式なのだ。

前職の関係で、実物を分解したことがある。
筐体はプラスチック。成型の品質はあまり良く無かった。試作品の為か?
もっとも、国産品と比較してでの話しであり、必要にして十分な品質はある。

それよりも目に付くのがデザイン。
とてもかわいい。
私が目にしたのはピンク色のものだったが、何しろかわいい。
一人暮らしの女性が、アパートや1ルームマンションに置くには最適では無いだろうか?
2Kgもあれば十分と思われるし・・・。

洗濯の性能は必用にして十分だと思う。
(試作品だった為、量産品と同じと断言できない。)

それに、値段も安い。
15000円程度で買えるはず。
それよりも、在庫を探すのが大変かも。

何しろ、白物家電のサイクルは早いので・・・。
(何色でも、洗濯機、冷蔵庫などは、白物家電って言うのよ。)

洗濯機のおもしろ情報でした。

海爾集団(ハイアール)世界に挑戦する中国家電王者 海爾集団(ハイアール)世界に挑戦する中国家電王者

著者:王 曙光
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年1月27日 (金)

!怒! 東横イン !怒!

先ほど、東横インの偽造(?)問題のニュースを見て、怒りがおさまらない!!
寝るつもりだったが、ブログに向かった。

何だ、あの、社長の態度は!!

耐震偽造のヒューザーの社長も、いい加減だが、東横インの、社長 西田!!
ふざけんな!!

偽造自体も良くないが、態度が悪すぎる。
人間として、会社の上に立つ者として、社会人として、失格だ!! 

あと、障害者用の駐車場を壊したって?
障害者は、そういった専用の駐車場が無いと、どれだけ乗降しにくいか知らないのか?
ドアを全開にしてもまだ足りないスペース。
車椅子の出し入れに必要なスペース。
それらを確保するのが、サービス業の責務だろ!!。

さらに、ユニバーサルデザインをうたった部屋を改修して一般客室にしたって?
ふざけんな!!

その言い訳にも腹が立つ!
「稼働率が低く、物置代わりになっているから・・・」
ふざけんな!!

ユニバーサルデザインの客室なら、一般人が使ったって、使いやすいんだ!!
そのくらいわからないでどうするんだ!!
別に、障害者専用ルームじゃないんだ!!
「障害者も健常者も、同等に使える」 ってのがユニバーサルデザインの定義のひとつであることを学べ!!

1日、いや、半日でも良いから、自分のホテルで、障害を持った方と行動を共にしてみろ!!
ダメか? あいつは、それでも理解できないかもしれないな。

前にも書いたが、車椅子ユーザの旅行添乗ボランティアをしているが、良いホテルはたくさんある。
それは、建物の造りだけでなく、従業員の態度にも現れる。
仮に、段差があっても、すぐに飛んできて手助けしてくれたりとか・・・。

話が、横道にそれるが、オリエンタルランド(ディズニーランド、ディズニーシー)の従業員はすばらしい!! かゆい所に手が届くのだ。本当にすごい!

話を戻して・・・。
東横インは利用したことは無いが、あの社長の下にいる従業員は、あんな感じのなのだろうか?
それとも、悔しくて、泣いているのだろうか?

まあ、この先、ボランティア旅行で、東横インを利用することは無いだろう。

全自動洗濯機 その1

実家で、とうとう全自動洗濯機を購入した。ごく一般的な1槽式の、全自洗である。

いままでは、昔ながらの2槽式洗濯機だったので、父も、母も
「とうとう、全自動か・・・」
と感慨深いようだ。しかし、まだ使いこなせない。

メーカいわく、
「ユニバーサルデザインを採用した」
全自洗とはいえ、2槽洗のタイムSW式とは異なり、タッチSWなので、直感的に使用できないのだ。

「え~っと。ここまで回せば、10分。」
「ちょっと回しすぎたから、ちょい戻し。ハイOK。」

ってな訳にはいかないのだ。

「ぴっ、ぴっ。 あ゛~行き過ぎた。やり直し。(怒)」
「途中で短縮しようとしたら、元に戻っちゃった。(怒)」

と言うことが、何度もあるらしい。

まあ、慣れれば、全自洗は楽である。それは、父、母も認めている。
何しろ、洗濯槽から、脱水槽へ移す必用もないのだから。
だから、対人インターフェイス部分をもっと、直感的にわかる物にさえすればよいのだ。

前職の関係で、洗濯機の開発担当と打ち合わせする機会が多数あり、前から、その旨は何度も訴えていたのだが・・・。

洗濯機ではないが、電子レンジで、優れものがある。
ボッシュ社の電子レンジだ。
昔ながらの「チン」タイマーの外観を維持しつつ、つまり、直感的に暖め時間を感じさせながら、その実、中身はマイコンで、きちんと制御している。

これこそ、本当の「ユニバーサルデザイン」だ!!

国産だと、単機能タイプしか、こういったダイヤル式が無いのが残念。
でも使いやすいと思うけどなぁ~

SHARP あたため自動電子レンジ (60Hz用) RE-T31-W-6P SHARP あたため自動電子レンジ (60Hz用) RE-T31-W-6P

販売元:シャープ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

気持ちの良い朝(微笑)

私の、毎朝の日課は、
妻の出勤用の車の霜取り
である。

寒冷地にお住まいの方は、十分ご存知とは思うが、車のガラスに霜が凍りつき、そのままでは視界が得られないので、それを取り除く必要がある。

方法は、単純。
”スクレーパ”と言われる、樹脂の板で、
「ガリガリっ」
と削り取るだけ。

寒い朝、概ね外気温は、氷点下5℃以下
妻の出勤に合わせ、霜取りをやるのだが、その時に、ある音楽が聞こえてくる。

グリーク ペールギュント組曲より「朝」

が聞こえてくるのだ。

ちょっと離れたところに、小学校があり、その朝礼(?)の音楽と思われるが、ちょうど良いタイミングで、あの曲が聞こえてくる。

♪♪たぁ~らぁら たぁ~らぁら ・・・♪♪

あれは何の音だろう? クラリネット? オーボエ?

何はともあれ、その音楽を聴くと、とても気持ちが良くなる。
凍てつく様な寒さの中、何とも、さわやかな気分になれる。

ぜひ、小学校は、あの曲を継続して使って欲しい。

Music とっておきのクラシック(7)モーニング

アーティスト:オムニバス(クラシック)
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2003/03/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年1月26日 (木)

結露対策 その5

いまだにこだわっている、結露対策のその後。

どこまでやっても、結露がおさまらない。

何故だ?

と言うわけで、湿度計を、寝室と居間に付けて見た。

居間は、概ね、
40~60%
の間で安定している。

それに対して、結露で困っている寝室は、
80~90%!!
こりゃ、湿度が高い!!

結露は、湿度が高いせいだ。
湿度を減らさねば、結露はおさまらないに違いない。
元からたたねばダメ!!
って考えた。

そこで、妻と相談し、除湿機を購入することに。
早速、近くのヤ○ダ電気にGo!!

展示品とカタログを見て、小一時間悩む。
で、象印 プリティドライ RV-EB56 を購入。
@13,000なり。

購入理由は、次の通り。
・値段が安い
(ちなみに、これは型遅れ品)
・ゼオライト式
・機能は、除湿さえ出来れば良い。
・とてもコンパクト。
・かっこいい(これ重要!!)

当方の所在地は寒冷地で、コンプレッサー方式は向かないそうだ。
なので、ゼオライト方式以外に選択肢が無かったのが最大の理由ではあるが・・・。

気に入らないのは、マイナスイオン。
ふざけるな!!そんな機能は要らない。湿度が高いのだから、マイナスイオンが豊富と言われる、滝の近傍にいるのと同じだ!!
大体、マイナスイオンって何だ? 何がマイナスの電荷を帯びているのだ? 百歩譲って、マイナスイオンが出たとしても、すぐにプラスの電荷と結合し安定化するだろ?

まあ、使わなければ良いだけのことだ。

さあ、これで、どの程度、結露対策に効果があるか・・・。
ものすごく期待しているよ!!

ZOJIRUSHI 除湿乾燥機 RV-EC56-AD

ZOJIRUSHI 除湿乾燥機 RV-EC56-AD

販売元:象印
Amazon.co.jpで詳細を確認する

IBMにほれた男 その2

前にも書いたが、私は、IBMファン

メインマシンは、X31
家族共用マシンも、A51p

何で、IBMかというと、単なるブランド志向では無い。
(いや、ヤッパリ、ブランド志向かな~。)

現在のPCの主流の基礎を作った会社という重み。
(Mac以外は、ほとんど、PC/AT互換だし。)

社名からして「International Business Machines Corp」って言うくらいで、得意先は、ほとんど法人らしい。
それゆえ、X40では無くなったけど、私のX31には、まだ、パラレルポートがついている。
(実は、開発者は外したかったけど、CADなどで、ここに認証キーを挿さないと動かない物もあるので、外せなかったとか・・・。)

真っ黒なボディーで、あからさまに無骨さを感じさせる。
VAIOがきっかけの、シルバーブームも気にしない。
(ひょっとしたら、開発陣は気にしてたりして・・・。)

最近は無いけど、極端な実験的な商品を世に送り出したりして。
PC110 っていう、別名「ウルトラマンPC」 ってご存知?

相変わらず、トラックポイントにこだわる、その姿勢。
(パッドもついているマシンも多いけどね。)
パッドだと、私のように、変換時に左親指で、スペースキーを押す人は、誤触にて、カードルがどっかに飛んで行ってしまうのを防げるのでGood。

色々書いたが、一番のPOINTは、キータッチ
ThinkPadのキーボードに慣れると、他のキーボードには戻れない

ストローク。
ピッチ。
反力。
キーレイアウト。

もう、ほんとに戻れないのよ。

特に、他社のノートPCのキーボードは、雲泥の差がある。
ストロークが無く。
ピッチも適当。
反力を感じないヘナヘナなキータッチ。

他社製で、一番不便なのは、
「Home」、「End」、「PUp」、「PDown」が、
「Fn」キーと同時押しを要求されること。

描画以外では、マウスをほとんど使わない私にとっては、これら4キーは、独立してもらわないと、指が足りない。

結局、会社で貸与されたPCのキーボードに我慢できずに、自腹で13000円も出して、USB外付けのトラベルキーボードを購入してしまったくらい。
ThinkPadのキーボードが、全くと言って良いほど、再現できる優れもの。
ちなみに、合皮のキャリングケースもついているので、携帯にも便利。

Ibm2 
 

 

 

 

 Ibm3

そのくらい、ThinkPadのキーボードは良いのだ。

残念ながら(?)、Lenovoに買収されてしまった(売却した?)が、まだ、今なら、リアルIBMを手に入れるには間に合う。

これを読んで、共感した貴方!!
ぜひ、急いで購入すべし!!

Lenovo ThinkPlus USBトラベルキーボード ウルトラナビ付 [31P9514] Lenovo ThinkPlus USBトラベルキーボード ウルトラナビ付 [31P9514]

販売元:Lenovo
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年1月25日 (水)

こりゃ便利!な道具 その2

前文で紹介した、便利な道具のその2。

その2)床拭きモップ

皆さんも、お使いとは思いますが、
「ク○ック○ワイパー」
のような、物です。
(その物ズバリを使っていないので、伏字でスミマセン。
アルミの柄で、先端に、クロスをくっつけて、モップ状に使用する、あのタイプです。

本体は、ホームセンターの安売り品を購入しました。
クロス部分は、2種類購入。

1つは、床ぶき用。

Photo_5

毛布のような布素材で、一般的な紙の不織布では無い。
紙の物よりも、ほこりの吸着が良い気がする
(素材が厚いからか?)
また、使い捨てではないので、洗って再使用できるのが良い。
無論、1~2回程度の使用では、洗う必要も無い。
大体、角っこにほこりがたまるので、指先で取り除く程度で十分である。

2つめは、天井の結露水拭き用。

Photo_6

フェルト素材で、結構、水を吸い取る。
無論、拭き取ったら、乾かして、翌日そのまま使用する。
ちなみに、初めて使用した日は、結構汚れたので、すぐに洗濯した。
でも、その後は、何度拭いても汚れないので、それ以来、洗濯していない。

そう、何度も書いているが、我家は結露がすごいのだ。
天井まで結露する。
それを拭き取るのに、これを使うと、大変楽なのだ。

床拭きを、天井の結露水を拭き取るのに、流用することに気付いたときは、
「目からうろこが落ちた」
感じがした。
私だけ・・・。 って、「だいたひかるか」 オレは?

無論、欠点もある。

・柄がゆがむのだ。
安物を買ってしまったせいか、力が分散してしまい、まるで釣りをしているみたいだ。

・先端がぐらつく。
これも安物を買ってしまった為と思われる。ユニバーサルジョイント部分がガタつき、思わぬ方向を向いてしまう。

・重量バランスが悪い。
先端が軽すぎ、何ともバランス(重心位置?)が悪い。
先端が軽すぎると、拭き取り時の慣性が少なく、操作感に影響が出るようだ。
(重ければ良いって物じゃないと思うけど)

まあ、コストパフォーマンスでは満足しているが、やはり、良いのが欲しくなる・・・。

アレルファイン フローリングセット (ウェットシート20枚、ドライシート30枚付) アレルファイン フローリングセット (ウェットシート20枚、ドライシート30枚付)

販売元:山崎産業
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こりゃ便利!な道具 その1

以前に書いたとおり、現在、私は主夫業をしている。
そんな中で、
「こりゃ、便利だ」
と、思う道具(?)を紹介したいと思う。

その1)Photo_4型掃除機










・オーム電機社製
・ハンディターボクリーナー TV-600
・消費電力:600W
・仕事率 :120W
・購入価格:@980円なり。(激安!!)

一般的な家庭用掃除機で、
・消費電力:1200W程度
・仕事率 :600W程度

と言うことから、考えれば、
吸引力は少ないのでは?
と思われるかも知れないが、ところがどっこい、結構吸い込む。
それに、何しろ、小型軽量なところが良い。
高所の掃除にはもってこい。
また、コードレスでは無いので、バッテリの残量などの時間を気にせず、好きな時に使えるのがうれしい。
娘が、お菓子をこぼした時など、
 すぐに取り出し、
 パッと使えて、
大変便利。

欠点は、
・コードが長すぎる。(5mもある!)
 (しかも、本体に収納出来ない。)
・すぐに、ブラシにほこりがたまる。
やかましい。

特に、ブラシにたまったほこりは、都度、爪楊枝で、
チマチマ・・・
と、取り除くしか方法は無い。

でも、その欠点を補っても、お釣りが来るほど便利である。

コストパフォーマンスは抜群!!
皆さんも、ぜひ、お試しあれ。

なお、楽天、ヤフーで検索してみたが、同じ商品は見つからなかった。
類似商品として、10点セットのアタッチメントが付いた物はあった。
仕様が一緒なので、恐らく、新製品だろう。

ちなみに、本製品の欠点を補った商品があった。
それは、これ。
日立
こまめちゃん
ハンディ掃除機

PV-H22 G

コードも巻き取るし、
消費電力があまり変わらないのに、仕事率も260Wと強力。

お値段がちょっと高いけど・・・。

うぅ~ん。欲しい。


HITACHI こまめちゃん ハンディ掃除機 ネオグリーン PV-H22 G HITACHI こまめちゃん ハンディ掃除機 ネオグリーン PV-H22 G

販売元:日立
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年1月24日 (火)

結露対策 その4

結露対策で、玄関先にカーテンを吊るしたその後の話

前回のを読んでいただければお分かりだが、カーテンがちょっと短く、天井とカーテンに隙間が出来ている。また、カーテンの下に、床との間にも結構な隙間が出来てしまっている

妻とも話をしたが、
・見た目が良くない。
・やるならトコトン。

と言うことで、天井との隙間を埋めることにした。

で、例によって、100円ショップへGo!!
前回と同じ、伸縮ポールと、短い暖簾のようなカーテンを購入。
計220円なり。安い物だ。

早速吊るして見た。
ところが、カーテンの袋状になっていて、レールに通して吊るす部分(正式にはなんと言うのだろう?)が、思いのほか長く、レールとの間に隙間が出来てしまう。
まずい、これでは、天井との隙間が埋まらない。

慣れない手で、ミシンを動かし
ヴィヴィヴィヴィヴィ
っと、袋を小さく手直し。
ミシンなんて使うのは、何年ぶりだろう。小学校で足踏みミシンを使って以来だ。
(年がばれるって?)

Photo_2

 

  

 

 

 

 

 

さあ、今度は大丈夫だ。
天井との隙間もほとんど無い。

上にカーテンを追加したおかげで、前回のカーテンも下げることが出来た。
で、床との隙間もPhoto_3小さく出来た。

 

 

 

 

 

 

 
写真を見てもらえば、どの程度、玄関と室内をカーテンで遮断できたか、お分かりと思う。
これで、断熱効果も期待できる。
と言うことは、結露にも効果があるはずだ!!

ここまでやったのだから、もう、悔いは無い。
手を尽くした・・・って感じだ。

2006年1月23日 (月)

三つ編みって難しい

家の妻は、三つ編みがヘタ。

娘にせがまれて、三つ編みにチャレンジすれど、なかなかうまく出来ずに、毎朝ケンカしている。
私は結構、手先が小器用なので、やってみたが、なかなかうまく出来ない。

娘の髪は、指が滑ってしまうほどに、細く、滑らかで、サラサラなのだ。
ヴィダルサスーン、メリット、パンテーン、植物物語 ・・・
どんなCMでもお任せあれ。

話がそれたが、娘に三つ編みをしてあげたいが、なかなか出来ないのだ。

そうだ!! 思い出した。
そういえば、昔、「自動三つ編み機」ってのをTVで見たことがある。
これを購入してみよう!!

Eurobraider

で、こういう時はオークション。
ある、ある っと 

えっ? 新品で300円? 激安!!

迷わず入札し、簡単に落札。

商品が手元に届き、さて、娘に向かって早速トライ。
え~っと。なになに・・・。
髪の毛をアダプタにセットし、SWをONするだけか・・・。

ウィッ ウィッ ウィッ ウィッ
おっ、結構きれいに巻けるジャン。

と、思ったのもつかの間、髪の毛が絡みだした。
「痛い!!」
娘の声が響く。
そりゃそうだ。根元まで巻上げてしまった。

まずい、まずい・・・。
ウィッ ウィッ ウィッ 
今度は、緩めにっと。うん、結構うまくいくじゃん!
と、思ったのもつかの間、今度は、あっという間に崩れてしまった・・・。

あ゛ぁ~!! お゛ぉ~!!
難しい。

こりゃ、機械操作の修行が必要だ。

2006年1月22日 (日)

正しいバンパーの使い方?

怒りがおさまらない!!

誰だ~!! 人の車にぶつけたヤツは!!

実は、誰かに、愛車のバンパーとフェンダーをぶつけられたのだ。
正確に言えば、こすられたって感じなのだが・・・。

愛車は、’04年式のスズキ スイフトスポーツである。
昔から、車、バイクが趣味で、何台も乗り換えている。

まあ、この詳細は、別の機会に譲るとして・・・。

とにかく、誰かにこすられたのだ!!

自分でぶつけたのだったら、納得も出来る。
それが、どこの誰かわからないヤツにこすられたので納得いかない!

でも、バンパー自体は、ぶつかった時に衝撃を和らげるための物。
フランス流に言えば、ぶつけて止めるストッパだそうだ。

そう考えれば、正しい使われ方だったのだが・・・。

でも、納得いかない!!

2006年1月21日 (土)

結露対策 その3

今まで、色々と結露対策を行ってきた。

・エアパッキンの貼り付け
・障子のさんに、スチロールをはめ、模擬2重サッシ化

と対策を行ってきた。

それなりに効果が出ていたり、出ていなかったりするが、とにかく部屋の立地条件が悪い。
我家は、2DKのアパートで、
南側に台所と居間とベランダ
北側に玄関とバス・トイレと1部屋
のつくりである。

北側は、1年を通して日が差さないため、どうしても、低温・多湿傾向にある。
特に、冬場は非常に寒い。
玄関など、真冬には、結露した水分が凍り付き簡単には開かないくらいである
ちなみに、北側の窓は、冬場は、「はめ殺し」状態になる。
(結露対策のおかげ(?)か、今年は何とか昼間は窓を開けられる。)

で、冷静に分析(?)してみた。
「うわっ!!すごい結露」
玄関って、金属製のドアだよね。
と言うことは、断熱性があまりよくない?
少なくとも、玄関って、気密性は優れて無いよね?

と言うことで、今回は、結露対策と言うか、寒さ対策も兼ねて、玄関まわりに手を付けて見た。

玄関に、何か手をつけると言っても、やるべき事は限られる。
エアパッキン? ムリムリ。
スチロール? ダメダメ。
ここは、セオリーどおり(?)、カーテンを吊るしてみた
カーテンを吊るせば、断熱効果が期待できる。
それに、伴い結露にも、淡い効果を期待出来る。

まずは、風水で、北向き玄関に向いた色を調査。
”北向き玄関は、「ピンク」「オレンジ」などの暖色系がGood。”
との事。

100円ショップに行き、「突っ張り棒」を購入。
当然、ピンク

次にホームセンターで、カーテンを購入。
当然、ピンク

断っておくが、私は、風水など信じてはいないが、妻がうるさいのだ
逆らって、悪い事が起きたら、私には反論する術が無いので・・・
ここは、素直Photo_1に従う方が無難

後は、吊るすのみ。

げっ! みっ短い!!

確かに、採寸して、天井から床まで、全て塞ぐには230cmは必要であることは承知していたが、購入したのは200cm。
これ以上長いカーテンは売っていなかったのだから仕方ない。
仕方ないので、
「冷気は、下にたまるから、下を塞ごう」
と、下側に寄せてカーテンを吊るした。
見た目は、結構Good。

後は、しばらく様子見だ。

2006年1月20日 (金)

節約って本当に節約?

昨日、節約について書いた。
風呂の残り湯を、トイレで再利用出来ないものか?・・・と言う内容だ。

で、風呂の残り湯をトイレで再利用する方法を考えてみた。

1)バケツに汲み置きしておき、トイレ使用後に、それで流す。
ダメだ。
きちんと流れる保証は無い。
トイレメーカは、ロータンクから流水で、便器内の流路を設計しているからだ。
それに、バケツで、上から流すと、
「おつり」
が来て、自分にかかる恐れがある。

2)別のタンクに汲み置きしておき、ロータンクに注水。
これならイケる。
ロータンクに注水するのだから、汚物も確実に流れる。

後は、
・別のタンクに汲み置きする方法。
・ロータンクに注水する方法。

が、大きな問題として残るが・・・。

で、もう一度検討してみた。
風呂の残り湯を、別のタンクにポンプアップするってことは、電動ポンプの電気代が必要になる。
ロータンクに注水するにしても、ポンプが必用で、やはり電気代はかかる。

果たして、これって、本当に節約になるの?
水道代と電気代でパラメータシートを作って、真剣に比較しなくては・・・。
かえって高くついたりして。

実は、最近はやりの、「オール電化」ちょっと疑問が残っている。
本当に安くなるの?

我家では、”暖め物”として
・ガスコンロ
・ガス給湯器
・電気コタツ、電気敷き毛布
・電気コタツ
・灯油ファンヒータ
を使用している。

我家はアパートなので、これ以外の選択肢はありえないが、果てさて、本当に安いパターンって何でしょう?

2006年1月19日 (木)

節約生活

最近、今までなら、何も気にならなかった事が、非常に気になってしょうがない。
それは、色々なムダを、如何にして節約するかだ。

理由は、簡単。

無職になり、当然収入源が無いから。

私の場合、
ムダの節約
 = 自分にとって、ムダな支出を抑える。

である。

ここで、あえて、「自分にとって」と書いたのは、たとえば、
・タバコ
・通信費(携帯、ADSL、プロバイダ料)
などは、他人(妻など)にとっては、ムダでも、私にとっては必須なのだ。
だから、ここでの節約は、毛頭考えていない。

禁煙すれば、約1万円/月の節約になるのだが・・・。 

それと、大上段に構えて、
・水資源を守るために、水道を節約
とか、
・Co2排出を削減し、温暖化対策
などと言う、環境保護の世界的な目的でも無い。

じゃあ、何がムダかと言うと、たとえば、

風呂の残り湯

これは、水自体も残れば排水する=捨てるだけ。
あ~もったいない。
風呂と言う以上、40℃近い高温であるが、それをタダ空間に放出している。
あ~もったいない。

基本的に、風呂の残り湯は、翌日の洗濯に使うが、それでも風呂桶に半分程度残る。
洗濯機には、約60L入るので、60L捨てている計算だ。
これを何とか再利用できないものか?

そうだ、トイレだ!

トイレで流す水は、別に上水道である必用は無い。
いわゆる、「中水道」で十分だ。

大規模な公衆施設では、「中水道」と言う物が存在し、トイレなどで水の再利用をしているが、一般家庭では、きわめてレアである。
まして、賃貸のアパートでは、手の出しようが無いか・・・。

2006年1月18日 (水)

大雪お見舞い申し上げます

北陸、信越の日本海側の豪雪地域の方。

大雪お見舞い申し上げます。

日本海側が、記録的な豪雪だと言うのに、逆に、私の住んでいるところは、記録的に少雨(雨も雪も降らない)です。
いや、日本海側で降ってしまうので、こちらには乾いた空気が来る・・・って事かしら?
例年、この時期には確実に積雪があるのですが、今年は雪の気配すらないのだから。

各地で平均的に、降れば問題ないのに・・・。
自然には逆らえないですね。

今年は、思い切って除雪機を購入したと言うのに、その出番もありません。
試験運転しただけで、物置で、スタンバイしたままです。
実力を発揮できていません。

ちょっと(いや、かなり)古いですが、
「マーフィーの法則」
でしょうか?

しかし、こんな事をいえるのも幸せと思っています。
豪雪地帯では無くても、除雪は大変なので・・・。

最後にもう一度、豪雪地帯の方、お見舞い申し上げます。

2006年1月15日 (日)

トイレの節水

先日、トイレの尿石除去を行ったが、今日は、トイレの節水チャレンジした。

先日まで勤務していた会社が、トイレ業界とお付合いがあったので、ちょっとした知識があるので、それを生かして、何とかスマートに節水できない物かと考えた。

水洗トイレの仕組みは簡単だ。
・排泄後、排水レバーを回す。
・排水レバーと一体になったクランクが回転し、
 ロータンクのバルブを開放する。
・ある以上排水されると、バルブが閉じる。
排水されると、フロートが下がり、給水バルブを開ける。
・給水バルブから、ロータンクへ給水される。
ある規定量給水されると、フロートが上がり、
 給水バブルを閉じる。

以上は、ロータンク式トイレの場合だが、ハイタンク式でも基本は同じである。

ちなみに、一般家庭の、背中にあるタンクをロータンクと呼ぶ。
何故、ロータンクと言うかというと、昔の水洗トイレでよく見かけた、頭上のタンクより、”低い”意味での、”ロー”タンクである。

さらに余談であるが、最近のトイレは、きわめて節水効果が高い。
もし、お金に余裕があるのなら、昔のトイレを色々と対策するよりは、取り替えてしまった方が、節水できることは確実である。
それに、リムレスタイプは掃除も楽だし・・・。

加えて、余談であるが、最近のトイレは、水の出し方にて、各社とも節水、低騒音などの対策を行っている。
・水をリム~ジェット~リム と順番に流す
とか、
・各所の流量をバルブでコントロールして、渦巻きを作って、
 その中心部の負圧を利用して吸い出す
とか色々ある。
トイレも、非常に進歩しているのだ。
詳しくは、各トイレメーカのHPを参照されたし。

話を戻して、節水対策。
アパート住まいなので、トイレの交換などもってのほか。
何とか今の状態で節水するにはどうすればよいか?

よく、
・ペットボトルを入れる。
・節水バルブを使う。
などと言う話を聞くが、あまりスマートでは無い。

早い話が、流す水の量を減らす
 = タンクにたまる水の量を減らせばよいのだ。

先にも書いたが、タンクにたまる水の量は、フロートで決まる。
つまり、フロートの位置が下でも、水を止めてやればよいのだ。
一般的に、フロート調整のネジが付いているので、それをまわして調整するだけでOK。
もしネジが無ければ、フロートを釣っている金属棒を曲げてしまえばよい。

じゃあ、ペットボトルを中に入れても同じでは?
と言われるかもしれないが、タンク内に異物を入れるのは、基本的に故障の元。ボトルが倒れて、全く排水できなくなる恐れもあるし・・・。

調整にて、概ね2L程度減らすことが出来た。
後は、その水量できちんと、汚物を流せるかどうかの確認だ。
基本的には、メーカ側で、どのような汚物でも、きちんと流せる事を保証した水量が、タンクにたまるようになっている。
それをいじくるのだから、メーカの保証外になる。自己責任だ。
もっとも、メーカ側も、かなりのマージンを確保の上、その数値を設定しているので、大丈夫だろう・・・。

排泄後、多めの紙を流して見た。 問題ない。きれいに流れる。
これで、しばらく様子を見よう。
そんなに、大きな、う○こをすることもあるまい。

2006年1月14日 (土)

恐るべし100円ショップ! その2

最近、100円ショップを良く利用している。

先日も書いたが、隣町に大きな100円ショップがあり、ものすごい品揃えなので、ついつい余計な物まで購入してしまう。
それが、お店側の作戦だとは承知しているのだが・・・。

まずい!! 
本当に必要な物だけ買えばいいのだ。

まずは、インクジェットプリンタ用紙と・・・
店内を探すが、先日購入した物と同じ物が無い。類似品はあるが、その物はどこにも無い。

そういえば、100円ショップの場合、在庫放出品とか、Lot限定発注などで、同じ物を継続的に入手することは困難だと聞いたことがある。
そうか!! 例の用紙も在庫限定品だったのか?!

冷静に見てみると、あちこちに100円なりきの理由が見て取れる。
・樹脂品
 バリは当たり前。
 外装部品でもウェルドが見え見え。
 下手をすると、ショートモールドやヒケも見える。

・金属品
 メッキなどバラツキが見える。
 溶接もアバウトで、簡単に取れそう。

・工具関係
 素材や、後処理が違う。焼きが入っていない。
 ピンセットやラジオペンチなども先端が合わない。

そういえば、自分自身が先日まで勤めていた会社で設計していた精密機器の部品は、もっと高品質で、数十円だったな。
いまや、設計のみ日本で、その先は中国に丸投げで、金型設計~製造までしても、結構良い物が出来るし、安い。

それを考えれば、流通コストを勘案しても、100円で十分採算が合うことが納得できる。ただし、最低Lotは結構大きいだろうし、そうなれば、初期投資もかなり必要だろう。
人気商品は、ライバル店も真似してくるだろうし・・・。

100円ショップって、今の半導体産業に似てるな。

結局は至近距離での殴りあいか・・・。
最後は体力勝負・・・。

2006年1月10日 (火)

VB入門とJava

主夫業の合間を見て、VBの勉強をしている。

前の会社に在籍中に、VBA(forExcel、Access)は、やったことがある。
今、勉強しているくらいで、ソフトの専門家ではない。
業務上、必用に迫られて、システム部署の方に泣き付いて、最低限の雛形を作ってもらい、後は自学自習で、コーディング~デバッグをして、作り上げた。

何とか作り上げた程度なので、振り返って、もう一度勉強しようと、図書館から、VBの入門書を借りてきて、読み始めた。
VBは持っていないので、ExcelのVBA画面で真似しながら読んで行く。

なんだ、VBとVBAって、ほとんど同じか?

逆に、VBよりもVBAの方が、アプリケーション依存のコマンドで、色々なことが簡単に出来そうだ。
もちろん、VBをマスターすれば、より高度なことが出来るのは承知している。

以前、作ったのは、Access中心で組んだのだが、
・Excelシートでデータを入力
 (一般ユーザは、Excelなら使える。Accessは使えない。)
・Accessに取り込みDB化
・フィルタ、ソートなどは、Accessにて実行。
・Excelシートに、必用書式で出力する。
と言った物だ。

基本を知らないまま、入門編はこなしていたことに、今気付いた。
しかし、このままだと、変な癖が付いてしまいそうだ。
早く次の実用編を借りてきて進まねば・・・。

その前に、VBの入手を検討せねば・・・。
金欠だし、どうしよう。

そうだ、Javaだ!
あいつは確か、タダのはず。

と思い立ち、図書館から「Java入門」を借りてきた。
すぐに読み出したが、たちまち混乱。

まずい、VBと混ざる。

結局、VBもJavaも中途半端でとまってしまった。
どうしよう。

2006年1月 5日 (木)

IBMにほれた男

ちょっと前まで、我家には、人口以上のPCがあった。
買換え時に、下取りに出さないので、どんどん増えてしまったのだ。
で、昨年、他の私物整理時に、一緒に片付けたのだが・・・。
その時には、
・FMV (W95 P100)
・SOTEC(W98 Cel400)
・自作PC(W98 Cel400)
・リブレット(W98 P233)
・eMachines(WXP Cel ?)
・IBM X31(WXP PM1.4G)
・Gateway(WXP PD2.8G)
・HPのノート(WXP Ath1.8G)
・シグマリオン2
・G-Fort
などなど。

で、だいぶ減らして、
・リブレット(W98 P233)
・eMachines(WXP Cel ?)
・IBM X31(WXP PM1.4G)
・Gateway(WXP PD2.8G)
の4台にしたにも関わらず、また、PCを買ってしまった。

まずい。無職なのに・・・。

今回購入したのは、IBMのA51p
衝動買いに近いが、とは言っても、買ったには訳がある。
・最後のリアルIBMマシンになる可能性が。
・X31を会社で使い続け、その安定性にほれた。

からである。

ちなみに、以前の勤務先では、システム部署と仲が良かったので、かえって相手の懐具合がわかってしまい、
良いPCが欲しい!!
といったわがままが、言えなかった。それゆえ、”自腹”で、X31を業務使用していた。

私自身のメインマシンは、X31だ。
上記にも書いたように、会社でも使用していた。
・SolidWorksなどの3D-CAD
・CosmosMotionなどの機構解析
サクサク動く。
(RAMを512Mに増設してある。)

キータッチも、ものすごく私には向いていたらしい。
「ThinkPadのキーボードになじむと、戻れないよ。」
とは聞いていたが、本当に戻れなかった。
実は、会社のCADマシンのキーボードになじめず、USB外付けの、ThinkPadキーボードも購入し使用していた。

そのくらい、X31にほれているので、私にとっては、これさえあれば必要にして十分なので、デスクトップPCなど不用なのだ。
でもその逆に、ほれているがゆえ、X31は、家族にも触らせない。

で、共用のデスクトップPCが必用となる。
「デュアルコアのGatewayがあるじゃないか。」
確かに、Gatewayも良いPCだ。デュアルコアでRAMも1G積んでいて、各種のベンチマークの成績も良い。
でもそれだけじゃないのだ。

ヤッパリ、IBMなのよ。

実は、Gateway購入時も、A51pと悩んで、パフォーマンスを取った。
でも、なんか納得がいかず、今回、結局A51pを購入してしまった。

ヤッパリ、IBMなのよ。

2006年1月 3日 (火)

妻の実家へ帰省

昨夜は、妻の実家に帰省した。

毎年恒例で、1月2日は、妻の実家に集うことになっている。

まあ、毎年恒例なので、これと言って書くことも無いが、2~6歳くらいのそれぞれの子供(つまり、いとこ同士)が集合するので、大騒ぎだ。

・ちゃぶ台の上に乗って踊りだす。
・廊下を走り回る。
・ジュースをこぼしまくる。

これ、我々大人が騒いだら、怒られるが、孫が騒いでも、じじばばは、ニコニコと笑顔。本当は、

「こぅ~ら~!」

と、鬼の形相で怒りたいのを我慢しているのかも知れないが、まあ、孫は目に入れても痛くないって言うので、何をしてもかわいい ってのが正解か?

当然、私は、ものすごい形相で怒ったけどね。
こう見えても(見えないか)、しつけには厳しいほうである。もちろん、しつけと虐待を混同なんてせず、ここぞと言う時のみ

娘にも鉄拳制裁をいとわない。

ピンポイントですることで、意味が生ずると考えている。
(これが教育論として、良いのかは知らない。)

話は変わって、行く前には
「今、無職で、主夫をしているのを、とやかく言われるのが嫌だな~」
と心配していたが、何も触れられず。

それはそれで、ちょっと寂しい

とわがままを言ったりして。

2006年1月 2日 (月)

理系離れ防止 電子工作 その2

今日も、昨日に引き続き、甥っ子の付き合いで、ラジオを作った。

今日は、検波とアンプを内蔵したIC搭載と、増幅用Trも持ったラジオだ。
昔なら、「2石ラジオ」とでも言うべきものだろうか?

2回目なので、手馴れたものだ。
子供の吸収力は早い。

あっという間に組みあがり、今回も簡単に受信成功。

こんなに簡単でいいの?って感じ

に見受けられた。

今回のラジオは、昨日の鉱石ラジオと違い、単5乾電池を電源に使用するもの。
ここで、電源の要/不要の説明をすべきだろう。しかし、

鉱石ラジオは、電波のエネルギのみを使って音を出している。
電波にはエネルギがあるんだね。
でも小さい音だったよね。
今日のは、その小さな音を、電池のエネルギで大きな音にしている。

程度の説明しか出来なかった。

情けない。

今まで、色々と理系離れの原因を、他人の責にしてきたが、
自分でもろくな説明が出来ないではないか。

本来ならば、何か面白い説明や、次のSTEPに進ませるようなアドバイスをすべきなのに・・・。

理系離れを他人のせいにして、ゴメンナサイ。
自分の実力の無さ、説明の難しさを実感しました。

2006年1月 1日 (日)

理系離れ防止 電子工作 その1

以前に書いたように、甥っ子が、ラジオを作りたいというので、その指導をした。

小姑のように口を挟むだけではなく、きちんと、
 なぜそのようにしなければならないか?
と言う理由を説明して、指導したつもりである。

今回作ったのは、鉄心コイルと、ゲルマニウムダイオードを検波に使った、いわゆる
 「鉱石ラジオ」
と言うやつで、この手の電子工作入門では誰しも避けては通れないものだ。

今回の鉱石ラジオは、キットになっていて、簡単なプリント基板と、実装図、おまけ程度の回路図も付いていた。しかし、この

実装図と入っている部品が異なる
(電気的には同等なのだが、形状が違う!)

為、初めて触れる甥っ子にとっては、かなり不親切なものだった。

・半田コテを温め、
・部品を載せて、
・コテ先を、部品に付けて暖め、
・半田を流し込む

と一連の半田付け手順を教え、後は、見守り、怪しい時のみ声をかける。
今回使用したのは、鉛フリー半田では無いので、それなりにきれいに仕上がるはずなのだが、そこは初心者、テンプラ、イモ半田など多数。
 まあ、初心者ってそんなもんだよね。回数を重ねないと。

一応組みあがり、イヤホンを装着し、壁面のAC100Vのコンセントの片側にアンテナを差し込む(商用電源ラインをアンテナに代用するタイプなのだ)。そして、バリコンのつまみを回す。すると、ガガガッというノイズの後、
 「長野県、今日の天気は、・・・」

受信成功!! 甥っ子の表情が、明るくなりテンションがあがった。
ものすごい、満足げな表情だ。

私も、指導した立場として、無事完成して、ほっとした。
本来ならば、ここで検波の仕組みなどを解説すべきだろうが、まあ、まだ早いか。

私も、小学5年の時に作成し、自分で半田付けして、ラジオが受信できた時の感動はいまだに覚えている。
動作原理などは、全く持って理解できなかった(今も本当に理解できているのか疑問ではあるが・・・)が、
 単なる巻線と、小さな部品で、ラジオが聞こえるなんて!!
と、驚きを隠せなかった。

鉱石ラジオの成功が、私の進路(理系への道)を決定つけた要因のひとつであるが、甥っ子は果たしてどうなることだろうか・・・。

前にも書いたが、決して、

「面白くないから理系離れ」では無いことが良くわかった。
自分で作った物が動けば、ヤッパリ誰でも面白い。
・面白く無くなる
・面白さを体験できない
・面白さよりお金
など何か原因があるのではないだろうか・・・。

あけましておめでとう

皆さんあけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

って、こんな面白くも無い、ブログ誰も見てないか・・・。

まあ、いいか。

今年の抱負はまだ考えていない。

しかし、年頭に抱負を持っても、それを達成しなければ、絵に描いたモチでしかない。それなら、抱負なんて持たなくても同じかな?
なんて、後ろ向きな考え方をする時点で、ダメダメ人間か・・・。

 実現可能な抱負をちょっと難しくしたくらいがちょうど良い。

らしいので、今年は何か考えよう・・・。
ちなみに昨年の抱負は、

 自己投資は惜しまない。

だった。確かに、自己投資は惜しまなかった。
でも、それを回収できなかった年だったのが反省点である。
(回収できない投資は、不良債権になるのかしら?)

しかし年々、年を越すことに対して、感動と言うか、感慨と言うか、何の感情も持たなくなってきている。
なぜだろう?

そうだ、お年玉を貰えなくなってからだ!!
昔は、お年玉をもらうことがうれしかったもんな。
(ちょっとこじつけかな?)

当然、この歳になれば、もらうのではなく、あげる側。
今年は、いくら巻上げられるのだろう。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »