フォト
無料ブログはココログ

ショッピング

  • 金魚飼育 関係 ショッピング

  • なかのひと

« 書籍(マンガ)の片付け | トップページ | 恐るべし100円ショップ! »

2005年10月 8日 (土)

障子の張替え

今日は、思い切って障子の張替えをすることにした。

娘も今はもう5歳ゆえ、障子を破くことは無いが、小さい頃は、
 プツッ!! ビィ~・・・。
と手の届く範囲で破いていく。
妻が、その部分を補修しても、そのとなりをまた、
 プツッ!! ビィ~・・・。
と繰り返していく。
妻も、もう補修をあきらめ、多少の破けは無視していた。

私も、昔は、
 「あのうちは、だらしないな~」
などと思っていたが、小さな子供のいる家は仕方ない事がやっとわかった。決してだらしないのではなく、やむをえないのだ。

さて、張替え準備。

近所のホームセンターにて、障子紙を物色。
ものすごい色々な種類がある
・標準型
・強度Up型
・のり付け要らず、アイロン張り式
結局、「アイロン張り」が、作業が楽かな? と思い購入。

作業開始。

まずは、古い障子紙をはがす作業。
霧吹きで満遍なく古い障子紙を濡らしていく。最初は、ビビリながら水をかけていたが、それではすぐに乾いてしまい、なかなかきれいにはがれない。
きれいにはがすコツは、

・吹きかける水をケチるな!!
・ちびちびとはがさずに、一気に濡らして一気にはがす
・残った糊は、ぬれた障子紙(今はがしたヤツでOK)で
 きれいにこすり取る。

だった。ちなみに、今回の体験上の話なので、これが正しいかは不明だ。

次に、新しい障子紙の貼り付け作業開始。

大体、売っている障子紙は、サイズより大きめに作ってあるので、貼り付けた後に余計な部分をトリミングすることにした。
障子張りの上手な人は、きっちりと端面を合わせて貼るらしいが、こちとら、全くの素人。そんな技術は無い。

前後、左右ともはみ出して紙を配置し、熱したアイロンで、片隅から貼り付けていく。大物の洗濯物のアイロンがけの要領だ。で、はみ出した部分をトリミングしていく。

ここでのコツは、

・アイロンは説明書よりも熱めに。
 (説明書どおりだと、すぐに冷めてしまうのよ!
・強めに先端で紙を押し付け、糊を溶かす。
・トリミングのカットは、一気に。
 ちょっとずつやると、ギザギザが残る。

やったぁ~!完成!!
我ながらきれいに貼れた!! と非常に満足であった。

障子を張り替えたら、部屋も明るくなりGood!!。

« 書籍(マンガ)の片付け | トップページ | 恐るべし100円ショップ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17116/231790

この記事へのトラックバック一覧です: 障子の張替え:

« 書籍(マンガ)の片付け | トップページ | 恐るべし100円ショップ! »