フォト
無料ブログはココログ

ショッピング

  • 金魚飼育 関係 ショッピング

  • なかのひと

« 職務経歴 | トップページ | オークションって大変! »

2005年10月21日 (金)

金魚とドンコ

我家には、金魚1匹と、ドンコ2匹、あとカワニナ10匹程度が水槽の中で生活している。

金魚は、夏祭りにて、娘が金魚すくいでもらってきた。
(すくえなかったので、サービス。)
いや、正確には、その、お友達として購入した金魚である。
娘がもらってきた金魚は、すぐに病気(白カビ病?)で死んでしまった。

後で知ったのだが、金魚すくいの金魚は、大体が病気の素因(カビや寄生虫)を持っていることが多く、もらってきたらすぐに、薬浴をせねば、長生きできないらしい。
もっと早く知っていれば、死なずに済んだのに・・・。
ゴメンネ・・・。

あと、ドンコ2匹。
ドンコとは、この地域の通称で、正式名称はなんと言うのか不明。
調べてみたが、
・ハゼ科の魚であろう。
・ヨシノボリ?
・ウキゴリ?
と、よくわからない。何しろみんな同じ顔してるからね。
とにかく、大きいドンコ(大ドンコ)と小さいドンコ(子ドンコ)がいる。

こいつらは、夏に、娘と近くの湖ですくってきた。
正確には、手長エビを狙っていたのに採れた。
釣りで言うと「外道」
であるが、気にしない。

さらに、カワニナ
こいつらは、水槽内に入れる水草を採りに行って、水草を引っ張ったら一緒に付いてきたので、そのまま入れてある。
正確な人員把握は出来ていない。
増えているのか、減っているのか・・・。

水槽には、ホームセンターで購入した小石をひき、水作エイトを入れてある。
当然、上記の水草と、ドンコの隠れ場所として、植木鉢のかけらを入れてある。

金魚とドンコ2匹とも、最初は縄張り争いをしていたが、
・上層~中層 → 金魚
・下層の広い範囲 → 大ドンコ
・残り → 子ドンコ

と住み分けが出来たようである。

しかし、見ている限り、力関係は、
大ドンコ > 金魚 > 子ドンコ
みたいである。大ドンコは小さいくせに生意気なのだ。

あと、カワニナは、水槽の壁面にくっついたり、砂利の上を歩いたりと好き勝手にやっている。

餌は、金魚用の浮餌と、淡水魚用の沈下性餌の2種をあげているが、
金魚も、ドンコも両者を好き勝手に食べている
ので、どちらの餌がどちら向きなのかよくわからない。
ちなみに、カワニナ用の餌はやっていないのに、生き抜いている。
何を餌にしているのだろう?

水槽などのメンテナンスに付いては、また後日。

« 職務経歴 | トップページ | オークションって大変! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17116/280799

この記事へのトラックバック一覧です: 金魚とドンコ:

« 職務経歴 | トップページ | オークションって大変! »